« おゆらのあまりのエロスにはびっくりでございます | トップページ | こんなに信憑性の無い宣伝も滅多に無いが逆接的に信憑性があるような気もする »

2007.06.06

『パラケルススの娘(6) 薔薇と小鳥たちの輪舞曲』読了

027690880000
パラケルススの娘(6) 薔薇と小鳥たちの輪舞曲』(五代ゆう/MF文庫J)読了。

本当に今更の感想で申し訳ないのだが、五代ゆうのあまりの本気っぷりに開いた口が塞がらない。なんて完璧なハーレム小説なんだ!主人公の遼太郎くんが女の子たちに振り回されつつちょっぴり格好良いところを見せつつなんだかんだで女の子たちは仲が良いよねーと言う感じで見事にハーレム。もう全員と付き合っちまえ!しかもシシィやレギーネ等、幼女や無口系美少女まで完備して、どこまで(ラブコメライトノベルとして)完璧なんだ!ん?クリスティーナ?あれはヒーローだろ?まあそんなことを言いつつリース警部(おっさん)が頑張る話を平行で書いているところが五代ゆうのバランス感覚なのかしら。まあとにかくジンジャーがギガラヴいと言うことはみんなも言っていることだけど僕も言っておきたい。

|

« おゆらのあまりのエロスにはびっくりでございます | トップページ | こんなに信憑性の無い宣伝も滅多に無いが逆接的に信憑性があるような気もする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15338300

この記事へのトラックバック一覧です: 『パラケルススの娘(6) 薔薇と小鳥たちの輪舞曲』読了:

» [書評][五代ゆう][パラケルススの娘][神秘/奇跡/魔法][洋風][★★★★]パラケルススの娘(6)薔薇と小鳥たちの輪舞曲 [いつも感想中]
パラケルススの娘 6 作者: 五代ゆう 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2007/03 メディア: 文庫 ストーリー 今回は息抜き編ともいえる展開。 殺人事件なんかも関係ない所で起きたりしたりはするんですが、主人公達一行は別の事で日々緊張感が増していたのでし... [続きを読む]

受信: 2007.06.07 09:28

« おゆらのあまりのエロスにはびっくりでございます | トップページ | こんなに信憑性の無い宣伝も滅多に無いが逆接的に信憑性があるような気もする »