« 本日のブツ | トップページ | …スーパークエスト文庫を忘れないであげてください »

2007.05.22

『月光スイッチ』読了

027726790000
月光スイッチ』(橋本紡/角川書店)読了。

読みながらまったく不快感を覚えない驚異のリーダビリティはさすがだなー。しっかりもので、しかし、恋愛のことでは駄目だと分かっていても「セイちゃん」との不倫におぼれてしまう主人公の「わたし」。彼女と「セイちゃん」のドロドロとした、そのくせ奇妙に爽やかな日常がつづられる。奥さんが留守にしている間にひそやかに行われる擬似新婚生活は、近い未来の破局から目を背けながら行われていく。幸福と不安に彩られた生活の中で「わたし」はさまざまな人々と出会って行く…と言う話。

こんなメロドラマみたいな設定なのに、少しも生臭くならず、むしろオサレな小説になってしまうあたりは素直に感心した。しかし、感心するだけのお話でもあるのが評価が難しい。特に事件が起こるわけでもない、あたりまえの生活中、「わたし」が出会う個性的な人々との交流がおそらくはこの物語の中心であるのだろうが、だからなんだという気もする。主人公カップルはつらい現実から目をひたすらに背け続けているだけなので、読者としては非常にストレスがたまってしまうのも問題と言えば問題のように思います。

|

« 本日のブツ | トップページ | …スーパークエスト文庫を忘れないであげてください »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/15170770

この記事へのトラックバック一覧です: 『月光スイッチ』読了:

« 本日のブツ | トップページ | …スーパークエスト文庫を忘れないであげてください »