« 眠れないので | トップページ | あうあう »

2007.05.03

「らき☆すた」あまりにも実験作過ぎる点について

今頃になって「らき☆すた」を見たんだけど、第一話の延々どうでも良い事をしゃべり倒す構成には驚愕した。本当に、こいつらは、こんなにもどうでもいいことを、なんで重要そうに語っているのか---。

1.『邪眼は月輪に飛ぶ』 藤田和日郎 小学館
2.『デトロイド・メタル・シティ(3)』 若杉公徳 白泉社
3.『コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE-0-ENTRANCE』 シリーズ原案:大河内一楼/谷口悟朗 著:岩佐まもる 角川スニーカー文庫
4.『流血女神伝 喪の女王(6)』 須賀しのぶ コバルト文庫
5.『新装版 腹話術』 高橋葉介 朝日ソノラマ文庫
6.『魔人探偵 脳噛ネウロ(11)』 松井優征 集英社
7.『スティール・ポール・ラン(12)』 荒木飛呂彦 集英社
8.『銀魂(18)』 空知英秋 集英社
9.『D.gray-man(11)』 星野桂 集英社

ええと、コメントは特にないのだけど、藤田和日郎は相変わらず富士鷹ジュピロであったなあ、と(いやそれは違う)。どこまで漫画が好きなんだこの人。また、コードギアスは、なんと言うか原作に対するリスペクトがあって、良いノベライズだと思いました。あとはそうだなあ、ネウロは弥子にいつも優しいねえ、とか。弥子かわいいよ弥子とか。正直、近年稀に見るジャンプヒロインだと思うんです。まあそんな感じで。

|

« 眠れないので | トップページ | あうあう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14935427

この記事へのトラックバック一覧です: 「らき☆すた」あまりにも実験作過ぎる点について:

» 真・らき☆すた 萌えドリル [ワザップ!でゲーム攻略/ワザップ!に裏技投稿]
ワザップ!で、真・らき☆すた萌えドリル∼旅立ち∼を攻略しよう!ゲームは大きく「どらま」「ドリル」「Wi-Fi対戦」の3つのカテゴリーに分かれます。「どらまもーど」では、聖地アキバに加え、こなたの住む街を舞台にした本格ADVスタイル。選択肢の代わりに各種「ドリル」のプレイ結果でストーリーが分岐していきます。... [続きを読む]

受信: 2007.05.28 20:04

« 眠れないので | トップページ | あうあう »