« 世界が黄色く見える… | トップページ | たまにはいいか »

2007.04.17

『声で魅せてよベイビー』読了

027446490000
声で魅せてよベイビー』(木本雅彦/ファミ通文庫)読了。

ハッカーボーイミーツ声優ガールでこういう物語が現代では出来るんだなあと意表を突かれた気がする。オタクと言うものも市民権を得たのではないかと錯覚しそうになるというか。ハッカー少年が主人公なのに実はエブリデイマジックの派生であったりするところがとても良い。そこに恋愛ものとして決着するに至ってはナイスバランス!と賞賛するしかないなあ。恋愛ものとしての成否は実は良くわからないんだけど、手をつないだ二人の足元から世界は生まれる(とかなんとか。ごめん)と言うイメージがやたらと奥行きの深いっつーか、胸がむにょむにょするようなフレーズだと思った。

|

« 世界が黄色く見える… | トップページ | たまにはいいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14749231

この記事へのトラックバック一覧です: 『声で魅せてよベイビー』読了:

« 世界が黄色く見える… | トップページ | たまにはいいか »