« 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 | トップページ | 異常を異常とは思わない受容の精神こそがギャグと言うものには必要なのだな »

2007.04.06

『麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ』読了

027447850000
麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ』(尾関修一/富士見ミステリー文庫)読了。

うおおおお!?ものすごいびっくりした。何にびっくりしたって、…これ、ミステリじゃん(それかよ)。それも古典系、カーとか、あの辺のゴシックでホラーな雰囲気を強く纏っている作品ってところにも驚きであります。『GOSIC』もその系統ではあるけれども、あっちはジュブナイルの要素が強く出ているのに対し、こっちは完璧に古典系ですな。もうイラストがなかったらそのまま普通の文庫で売れます。これのどこがライトノベルやねんと言うツッコミはともかく、二部構成に仕掛けられたトリックには素でびっくりしたし(まあこの屋敷は一体何回建て直されているんだと言う気もするが、それすらも伏線であったわけで)とにかく感服。”悪意”に満ちたある存在によって人々が破滅していく姿がおぞましくも美しい。それはまさに悲劇と言う名の喜劇そのもの。読み手である僕は踊り続ける人形劇を見届ける観客なのだ。

|

« 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 | トップページ | 異常を異常とは思わない受容の精神こそがギャグと言うものには必要なのだな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14584333

この記事へのトラックバック一覧です: 『麗しのシャーロットに捧ぐ ヴァーテックテイルズ』読了:

» 麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ [ライトノベルっていいね]
麗しのシャーロットに捧ぐ―ヴァーテックテイルズ 著者 尾関修一 イラスト 山本ケイジ レーベル 富士見ミステリー文庫  ???  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありが... [続きを読む]

受信: 2007.04.07 09:08

« 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 | トップページ | 異常を異常とは思わない受容の精神こそがギャグと言うものには必要なのだな »