« 『えむえむっ!』読了 | トップページ | 『声で魅せてよベイビー』読了 »

2007.04.17

世界が黄色く見える…

なんか視界が良くないなあ。眩暈とも違うんだけど、なんかちかちかする。持病の偏頭痛の兆候に似ているが…。

1.『夜刀の神つかい』 作:奥瀬サキ 画:志水アキ 幻冬社
2.『エア・ギア(17)』 大暮維人 講談社
3.『魔法先生ネギま!(18)』 赤松健 講談社

いやあ『夜刀の神つかい』がすごい。正直なところ度肝を抜かれた。だって突然超人バトルを繰り広げ始めた久米と峅杷がいきなり自分の性癖をぶちまけつつ過去語りをしながらテトリスをやっているという展開は一体…。よ、読めん…この物語の行く末が読めん…。

最近、自分の中で大暮維人が再評価中。一時期はあまりに行き当たりばったり過ぎる展開や、あと拭いがたいチンピラ臭とかについていけないところがあったのだけど、近年に至ってその一見緻密っぽい論理展開とハッタリズムでストーリーをねじ伏せる豪腕はもしかしたらすごいものなのではないかと言う考えが沸々とわいてきた。言い切ったもの勝ちとも言うが、とにかく読み手に”納得”をさせられるところはすごいと思うのだった。

『魔法先生ネギま!』はとにかく見事な着地点だった。面白いとかそういうもの以前に赤松健の人間力に圧倒させられる。作品を通じて作者の凄みを思い知らされる経験は本当に久しぶりだった。たぶん、『ネギま』を読んだことが無い人(そしてアニメやインターネットなどで断片的な知識を得ている人)にはこの感覚はわかってもらえないと思うけど…。とにかくすごいんですこれ。

|

« 『えむえむっ!』読了 | トップページ | 『声で魅せてよベイビー』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14717189

この記事へのトラックバック一覧です: 世界が黄色く見える…:

« 『えむえむっ!』読了 | トップページ | 『声で魅せてよベイビー』読了 »