« 『図書館危機』読了 | トップページ | 主人公の追い込み方がすごいんです »

2007.04.12

『八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』読了

027503470000
八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』(花田一三六/GA文庫)読了。

こりゃまた懐かしい作品のが復刻されたものだなー。花田一三六のデビュー作を含めた短編集に書き下ろしを加えてお得パック!かどうかは知らないが(えー)。ともあれ、この作者の遊びの無い文体は短編でこそ映えると思う。まあデビュー作だけあって作者が自己陶酔に入っているところがあるのは若さの賜物と言うことにしましょう(偉そう)。

「八の弓、死鳥の矢」
表題作にしてデビュー作。正直、花田一三六の作品の中でこれがいちばん面白いとさえ思う。淡々とした文体に、熱狂的とさえ言える情念が込められているのが良いと思う。最近の花田一三六に欠けているのはそういうところなんじゃないかなあ。

「ルクソール退却戦」
大陸シリーズにおける最強戦士であるダリウスの1エピソード。とりあえずひたすらに巨大な豪傑であるダリウスが大暴れすると言うだけの話ですな。なんか大物感溢れる描写のハッタリズムが素晴らしい。

「架橋」
個人的にはとても好き。傭兵を主人公にしたファンタジーハードボイルド小説としてグレイトですわ。くたびれた初老の傭兵の最後の戦を、”橋を架ける”と言う行為になぞらえて一つの時代の終焉までを描いているのですね。老兵は死なず、ただ去るのみだ。

「いちばん長い夜」
”伝令”が主人公となるある意味地味なこと極まりない話。ある伝令を携えて走るイスワーンが己の忠義の所在を明らかにする話でもあるんですが、やっぱりこれもハードボイルド。青臭いところも好きだなあ。

「ジェラルスタンの策士」
まあ”策”の部分が肩透かしではあるのだけど、おそらくそこは本題ではない。冷厳極まりない策士であるフーシェが、裏では一人のメイドに翻弄されるギャップ萌えを楽しめばいいんじゃねーの、と言うか(邪道読み)。人物の格好良さはさすがですな。

「策士の弟子」
書き下ろし部分。何年ぶりの大陸シリーズの新作だ?ある意味感無量なのだが…この短編集に入っていて全然違和感を感じないというのは良いことなのかどうか…。まあいいや。

|

« 『図書館危機』読了 | トップページ | 主人公の追い込み方がすごいんです »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14591095

この記事へのトラックバック一覧です: 『八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』読了:

« 『図書館危機』読了 | トップページ | 主人公の追い込み方がすごいんです »