« 浦賀和宏はあいかわらずだな | トップページ | 『八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』読了 »

2007.04.10

『図書館危機』読了

027435920000
図書館危機』(有川浩/メディアワークス)読了。

図書館シリーズ第三弾。今回は連作短編集。図書館部隊と言うファンタジー部分とその組織の成り立ちにおける奇妙なリアルさが平行し、その上である種ベタベタな月9的メロドラマだったり軍事サスペンスが語られると言うギャップが興味深い作品なんだけど、ようするにライトノベルと一般小説の狭間に位置する中間小説なのである…いやそれは意味が違うか。まあそれはおいておいて。相変わらず勧善懲悪絶対正義なストーリーテリングは賛否両論ありそうだけど、そこは渾身のスルー力が求められるところです。そんなところは物語の最初からやっていることなので今更言ってもしょうがないし(しかしこの日本はいったいどういう国なんだろうな…。国の一機関を巡って内戦が繰り広げられているんですが…いかんいかん、スルーだスルー)。とりあえずは都や手塚と柴崎中心としたベタ甘な恋愛模様にゲラゲラ笑いつつ(最低)、メディア良化法を巡る静かなる言論統制の話はあまりそういうことに興味の無い読者を上手く引き寄せているなあと感心。そして最後の図書館の美術品を守るために泥沼の防衛線が繰る広げられる信念を巡る熱い戦い(スルー力)を楽しめばよいのではないでしょうか。なんでこういうこまかがkところがを気になるの買って言うと、やっぱりこれがライトノベルと一般小説との中間に位置する作品だから、両者の噛み合わない部分が目立つと言うことなんだろう。ライトノベルとして読めばなんにも問題は無いんだろうケド、微妙に現実と地続きだからなあ。これは僕の視点の問題かな。

|

« 浦賀和宏はあいかわらずだな | トップページ | 『八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14637349

この記事へのトラックバック一覧です: 『図書館危機』読了:

« 浦賀和宏はあいかわらずだな | トップページ | 『八の弓、死鳥の矢 戦塵外史[二]』読了 »