« 『キララ、探偵す。』読了 | トップページ | 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 »

2007.04.05

虚淵玄はすっかり小説家になっちゃってますね

『Fato/ZERO(2)』がゲロ面白いと言うのは周知の事実ですが、ちょっと文章による演出が弱いと言う印象があった虚淵玄に対する違和感が読んでいくにつれてどんどんなくなっていくのには驚いた。ノッてんなー。

1.『MARUTO(37)』 岸本斉史 集英社
2.『アイシールド21(24)』 原作:稲垣理一郎 漫画:村田雄介 集英社
3.『ラルΩグラド(1)』 原作:高野常雄 漫画:小畑健 集英社
4.『砂の城の殺人』 谷原秋桜子 創元推理文庫

『アイシールド』はマジ熱いヒーローたちの物語だなあ。少年漫画として正しいことこの上ないなー。

『ラルΩグラド』は小畑健の作画を無駄使いしているなーと言う印象。良いですなあ、この贅沢っぷり。

|

« 『キララ、探偵す。』読了 | トップページ | 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14571837

この記事へのトラックバック一覧です: 虚淵玄はすっかり小説家になっちゃってますね:

« 『キララ、探偵す。』読了 | トップページ | 『イヴは夜明けに微笑んで-黄昏色の詠使い』読了 »