« 『永遠の戦士エルリック(6) スクレイリングの樹』読了 | トップページ | 忘れていた事を思い出した »

2007.03.11

『レンズと悪魔Ⅱ 魔神跳梁』読了

027520310000
レンズと悪魔Ⅱ 魔神跳梁』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

萌える(誤字ではない)バトルロワイヤルものとしては順調な仕上がりではないかと思う。主人公の悪魔使いとその相棒である魔神のと会話の軽妙さ、強大な能力を誇る敵側の魔神が迫る恐怖とそれに対する主人公の克己と、それを出し抜こうとさまざまに講じる駆け引きなど、細かい部分が真面目に作られていて好感触な作品だった。逆に言うと良く出来ている作品である以上のものではないのが、この作品の欠点であると思う。最初から最後まで作者の制御が効いているのだが、結果として作品を非常に窮屈なものにしていて、読み始めたときに感じた技巧的で良く出来ていると言う印象が覆ることは無いのだった(別にムチャクチャにしろと言っているわけではない)。別にそれが悪いというわけではないのだけど、作者の達者な技術から見ると、やや安全圏に留まり過ぎているような印象を受けてしまうのだった(勝手な言い草だけど)。

|

« 『永遠の戦士エルリック(6) スクレイリングの樹』読了 | トップページ | 忘れていた事を思い出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14220691

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンズと悪魔Ⅱ 魔神跳梁』読了:

» レンズと悪魔 2 魔神跳梁 [ライトノベルっていいね]
レンズと悪魔 2 魔神跳梁 著者 六塚光 イラスト カズアキ レーベル 角川スニーカー文庫  さてさてどうなることやら。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうござ... [続きを読む]

受信: 2007.03.11 15:16

« 『永遠の戦士エルリック(6) スクレイリングの樹』読了 | トップページ | 忘れていた事を思い出した »