« 『お留守バンシー(4)』読了 | トップページ | 『なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希』読了 »

2007.03.24

最近日付が替わってからしか更新できない状況はなんとかなりませんかね?

まあガンバレや(他人事)。

ところで今は中村九朗の『アリフレロ』を読んでいるんだけど。相変わらず全然わかんねーなー。頭から先まで徹底したオレ理論で構築されていて異議を挟む余地が無い。神林長平みたいな人だなーこの人。嫌いじゃないんだけどさ。

1.『鋼の錬金術師(16)』 荒川弘 スクウェア・エニックス
2.『バガボンド(25)』 井上雄彦 集英社
3.『大久保町の決闘』 田中哲弥 ハヤカワ文庫JA

鋼の錬金術師は、それぞれの進むべき道が分かれての仕切りなおしみたいな話。国を私物化して色々もくろんでいる輩に対して、退けられたやつらを集めて反抗の狼煙をあげにいくぜー、みたいな。

『バガボンド』は、まあ面白いなあですませられる感じ。なかなか武蔵もまっすぐには成長できませんね。悟ったかと思えばまた惑い、けっこうグルグルしています。

小説家と言うものは、大なり小なり大法螺吹きの大嘘つき詐欺師なわけですが、結局のところどこまでスケールのでかい大嘘をつけるかどうかと言うところに小説家としての真価があるといえるだろう。つまり何が言いたいかと言うと田中哲弥は自分の生まれ故郷をファックし過ぎだなあ、と。

|

« 『お留守バンシー(4)』読了 | トップページ | 『なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14365847

この記事へのトラックバック一覧です: 最近日付が替わってからしか更新できない状況はなんとかなりませんかね?:

« 『お留守バンシー(4)』読了 | トップページ | 『なつき☆フルスイング! ケツバット女、笑う夏希』読了 »