« エマってつくづくシグルイだよな | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(5)』読了 »

2007.03.26

『ミミズクと夜の王』読了

027502380000
ミミズクと夜の王』(紅玉いづき/電撃文庫)読了。

うおー。こりゃすげえな。ここまで純然きわまりないファンタジーロマンスを電撃文庫で書いてしまうなんて半端じゃないな。これ、作品としては児童文学で売り出しても全然問題ないくらいのレベルでライトノベルじゃあないと思うのだが、しかし、それを補って余りあるほどの普遍性があるのもすごい。ファンタジーで恋愛で貴種流離譚とか、まあ、作者も言っているように古典への深い造詣とか歴史とかなんかそういう教養なんてものを一切なくても楽しめると言う意味でこの作品は”安い”。普遍的でありがちで、それこそ過去にもいくらでも繰り返されてきたあらすじで、それこそ童話をあさればいくらでも出てくる”おはなし”であり、だからこそこの作品の持つ強度と言うのはそういうところから来ているんだろうなあ、とか思う。繰り返される黄金パターンをきちんと自家薬中にしているってことでもあるし、何よりもそういった”ありがちなお話”への愛が溢れているのがいいんだなあ。「登場人物たちはその後幸せに暮らしました。めでたしめでたし」って言葉を読むと(聞くと)涙が溢れて止まらないタイプである僕なんかにはクリティカルヒットの作品だよ。

|

« エマってつくづくシグルイだよな | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(5)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14419826

この記事へのトラックバック一覧です: 『ミミズクと夜の王』読了:

« エマってつくづくシグルイだよな | トップページ | 『流血女神伝 喪の女王(5)』読了 »