« だりー。ひたすらにだりー。 | トップページ | 『太陽戦士サンササン』読了 »

2007.03.03

『ヘル』読了

027504840000
ヘル』(筒井康隆/文春文庫)読了。

最初の方ではわりと普通の小説っぽく始まるんだけど、後に向かえば向かうほどに文体がぐにゃぐにゃになっていって、五七五調(でいいの?)で立て板に水のごとくの凄まじい饒舌で物語(と言うか文体)の洪水に押し流される。この饒舌ぶりはマジすげえ。戯言シリーズなんて目じゃねえぜ!そも、比較対象して正しいかどうかと言うことは感じられるけれどもそれはともかく。変っているのは文体だけではなく、視点移動のやり方も一風変っていて、いわば連想ゲームのように登場してきた順番で次々に視点が連なっていくのは面白いのだけど、それがさらに物語に息継ぎどころをなくしてしまっていているように感じられた。ただしそれが弱点というわけではなく、おそらくこの小説は、息を止めて素潜りをするように読むべきものであって、一度読み始めたら一気にテンションにまかせて突っ走る必要があるのだろう。とにかくノリとテンションの高さ(だけ)は凄まじく、あとは悪夢にうなされるように脈絡の無い場面場面のつながりに酔いしれるのだった。これはつまり『地獄とは神の不在なり、だけど現代の日本には神はいません』と言う話だったんだね、と言うのを巻末を読んで思い至った(そのまんまだ)。生きるも地獄、死ぬも地獄、どうせ地獄なら踊らにゃ損々、とくらぁ!たぶんそういう話。きっと。

|

« だりー。ひたすらにだりー。 | トップページ | 『太陽戦士サンササン』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14109614

この記事へのトラックバック一覧です: 『ヘル』読了:

« だりー。ひたすらにだりー。 | トップページ | 『太陽戦士サンササン』読了 »