« あらかじめ失われたものたち | トップページ | 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 »

2007.03.31

『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』が面白い理由は単純なんですよ

ゾンビ、銃器、血飛沫、死体、キ○ガイ、おっぱい(重要)、(これも重要)、ひざの裏(人による)など、とにかく男子(男ではない)が大好きなものが詰め込まれまくっているのがこの作品なんであり、男の子である以上(そしてオタクは大抵男の子だ)こんな作品に抵抗できるわけが無いじゃないか!ああもうたまらんなあ…。

それはそれとして、扇智史の『塔の町、あたしたちの街』を読み中。主人公たちの凄まじい共依存っぷりに正直びびった。まっとうな関係性を築けてねえなあ…余計なお世話なんだけどな。つーか、扇智史の作者自身がものすごく表に出てくるタイプの作家なんだなー、と言うことを今更思った。考えていることがそのまんま小説になっている感じ。つくづく文学系の作家だ…。ライトノベル作家としてデビューしたのは、やっぱりなにかの間違いなんじゃねえかなあ。

まあ、そういうわけで(?)今日買ったものです。
1.『Fato/ZERO(2)』 虚淵玄 ニトロプラス
2.『未来日記(3)』 えすのサカエ 角川書店
3.『医龍(13)』 乃木坂太郎 講談社
4.『酸素は鏡に映らない』 上遠野浩平 講談社

|

« あらかじめ失われたものたち | トップページ | 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14470365

この記事へのトラックバック一覧です: 『学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD』が面白い理由は単純なんですよ:

« あらかじめ失われたものたち | トップページ | 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 »