« 『Fate/ZERO』読了 | トップページ | 北海道で暮らしてえなあ »

2007.03.18

『E.a.G』読了

027502490000
E.a.G』(柴村仁/電撃文庫)読了。

『お稲荷さま』で有名な柴村仁が、なんとサスペンスアクションを書いたというその一点だけでも評価をしたい。今まで築き上げてきたものを一度壊して新しいものを作ろうなんてなかなか出来るものじゃねえ。

まあそれはそれとして作品としてみてみると、やっぱりいつも通りのほのぼのさがそこかしこに残っており、”サスペンス”としてはいかがなものかと思わざるを得ないところではある。世界観的には「BLAME!」っぽいサイバーな雰囲気を漂わせながらも、”怪物”と”狩人”の設定と主人公ゴドーの”背景”が上手く噛み合っておらず、緊張感を削いでしまっているように思う。汚れた町を歩む騎士、と言うにはハードボイルドとしても、それぞれが背負った背景が弱いしね。例えば”D”たちは全然人間的な”背景”を持っていないから物語の主軸にならないし、ゴドー自身のモチベーションも曖昧で、彼が何かを隠しているのは当初から分かりきっているのを最後まで引っ張られてもなあ、と思った。

そういやこの話は誰の視点から見ているのかも良くわからんなあ。これって誰にとっての物語だったんだろう?

|

« 『Fate/ZERO』読了 | トップページ | 北海道で暮らしてえなあ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14307242

この記事へのトラックバック一覧です: 『E.a.G』読了:

« 『Fate/ZERO』読了 | トップページ | 北海道で暮らしてえなあ »