« 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅳ』読了 »

2007.03.31

『世界の中心、針山さん(2)』読了

027502470000
世界の中心、針山さん(2)』(成田良悟/電撃文庫)読了。

どういうわけか戦隊ヒーローものでゾンビで幽霊な話でした。…成田良悟って本当にオンリーワンと言うか薬でもやっているんじゃないかと思うような作品を書くよな。つまり正気とは思えない。それでもなんとなくお話としてはオチがついているような気もするし、成田良悟って作家としてはさっぱり分からないけど、分からないなりになんかすげーことをやっているのかなあと思った。まあ意外とまっとうな戦隊物でヒーローもののお約束を踏まえているところと、そこからの外し方(最強の戦闘員、異次元の幽霊、人間嫌いで人情家な殺し屋とか)が相変わらず想像の斜め上っつーか、思いついても誰も実行しねえよこんなのっつか、中2病スレスレじゃねえかとかけっこう酷い事を考えたりもしつつ、それでも本当にヒーロー物や人情物として成立しているところに、成田良悟の単に勢いだけではないクレバーさを感じる…ような気がしないでもない(たぶん気のせい)。

|

« 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅳ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14474307

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の中心、針山さん(2)』読了:

« 『私立!三十三間堂学院(5)』読了 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅳ』読了 »