« 『銃姫(8)No Other Way to Live』読了 | トップページ | 『竜を駆る種族』読了 »

2007.02.03

『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』読了

027231350000
戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』(林トモアキ/角川スニーカー文庫)読了。

なお『お・り・が・み』シリーズは一通り読了済み。その作風は悪乗りと暴走を即興でアレンジすると言うもので、まー正直なところを言わせてもらえば小説としては欠点だらけというか欠点しかないような作品だったと思うんだけど、平然とかつふてぶてしく欠点を押し通す姿にはある意味感心するしかない感じ。ムチャクチャ出来ると言うのは確かに一つの才能ではありますね。全面的に肯定は出来ないにせよ、刹那的な快楽に満ちた麻薬みたいな作品と言うことは認めざるを得ないところです。

さてここまできたら続きも読むか、と『お・り・が・み』の続編と言うか姉妹編である『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』も読んでみたところ、これがちょーおもろい。イカス。作者に慣れたのか、あるいは麻薬中毒になりつつあるのか分からないのだが、なんか癖になる面白さがありました。

とくに最弱主人公がなんかすげー格好良いんですが、これは一体なんなんでしょうか…。内容は『エンジェル伝説』のライトノベル版という一言ですべての説明がつけられてしまう作品なんだけど、極めて再現度の高いフェイクは本物と変わらないと言うのがわたくしの持論であるからして、僕にとってはなんら障害になるものではない(などと理屈をこねてしまうお年頃なんだよ悪いか)。

主人公は格好つけているわけじゃなく、本当にダンディズムと薀蓄に満ちた警句を吐きやがると言う天然ナイスガイ…なんだけど子供にも負ける最弱虚弱体質の一般人。ハッタリと口先で超人奇人変人が集うバトルロイヤルに挑むというあらすじだけで、なにやら曰く言いがたい愉悦がある。

うーん、この作者はなかなかすごいしろものかも。過小評価していたかも知れんぜ、オレは。

|

« 『銃姫(8)No Other Way to Live』読了 | トップページ | 『竜を駆る種族』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12794867

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』読了:

» 戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス [ライトノベルっていいね]
戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス 著者 林トモアキ イラスト 上田夢人 レーベル 角川スニーカー文庫  旧メンバーが当たり前に登場。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリ... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 14:59

» 戦闘城塞マスラヲ 1 負け犬にウイルス/林トモアキ [ラノベ365日]
戦闘城塞マスラヲ Vol.1負け犬にウイルス林 トモアキ 角川書店 2006-10-31by G-Tools 【ひきこもりの川村ヒデオがゴミ捨て場で拾ったものはウイルスまみれの古びたパソコン。最悪の電子精・ウィル子に叱咤激励されヒデオは最強の他号を賭けた「聖魔杯」に挑む。】 これがニ..... [続きを読む]

受信: 2007.02.12 00:37

« 『銃姫(8)No Other Way to Live』読了 | トップページ | 『竜を駆る種族』読了 »