« 貴様の人生は何色だぁ~? | トップページ | 『エーデルヴァイス』をクリアした »

2007.02.06

『銀盤カレイドスコープ Vol.8 コズミック・プログラム:Big time again!』『銀盤カレイドスコープ Vol.9 シンデレラ・プログラム:Say it ain’t so』読了

408630326401408630331001

銀盤カレイドスコープ Vol.8 コズミック・プログラム:Big time again!』『銀盤カレイドスコープ Vol.9 シンデレラ・プログラム:Say it ain’t so』(海原零/スーパーダッシュ文庫)読了。

なんか世間からものすごい勢いで取り残されているような気もするけど『銀盤カレイドスコープ』の完結編であります。2冊同時発売とは正直驚いたけれど、別に水増しをしているわけでもなさそうなのでサービス精神の表れと受け取るのが健全というものか。

まあ内容は一言で言って大変面白いです。正直なところお話のすじは込み入ったものでは全然なく、憧れ焦がれるがゆえに対等でありたいという望みのままにリアに挑戦状を叩き付けたタズサが、死ぬほど本気で叩き潰されかけてどん底に落ちてそこから這い上がる話と言うそれだけと言えばそれだけの話。お話そのもは単純なのに、ここまで話が長くなるのは、タズサがズタボロになって這いずる姿を丹念に描いていることと、フィギュアの演技を演者ごとに描写しているためにいくつもの大会を描写していくにつれてどんどん長くなってしまうためかな。作者の生真面目さと変質的なサドっぷりが存分に発揮されていて大変に素晴らしいかと存じます。登場キャラを全部平等に描こうとして完璧に破綻しているところなんか愛おしくてたまらない。いちいちエロネタを盛り込むのも、明らかにサービスの領域を超えていて、単に自分が好きだからやっているんだろうことは確実な感じ。出てくる奴らが究極的にエゴイズムの塊だったりして癒しの欠片も無いギスギスした人間関係といい、いいかげん人気シリーズなのに好き勝手やってんなーと頼もしくもあります。萌えとか受けとか何にも考えてないですねこの人…。鈴平ひろがイラストを担当したと言うことが、この作品にとってもっとも幸福な出来事だったのかもしれない…(一般受けと言う意味で)。

何はともあれ完結おめでとうございます。まともに褒めていないけど、ただただ面白いとしか言えないタイプの作品でした。次回作はさらに好き勝手にエゴイズム溢れる登場人物たちが縦横無尽に動き回る物語を期待しております。

無理か。

(ブルーハイドレードの続きはまだなのかのう…)

|

« 貴様の人生は何色だぁ~? | トップページ | 『エーデルヴァイス』をクリアした »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12872243

この記事へのトラックバック一覧です: 『銀盤カレイドスコープ Vol.8 コズミック・プログラム:Big time again!』『銀盤カレイドスコープ Vol.9 シンデレラ・プログラム:Say it ain’t so』読了:

« 貴様の人生は何色だぁ~? | トップページ | 『エーデルヴァイス』をクリアした »