« なんか眠くてしょうがない… | トップページ | あー鼻水がとまらん »

2007.02.27

『天使が開けた密室』『龍の館の秘密』読了

027233710000027329860000
 
  
 
 
 
天使が開けた密室』『龍の館の秘密』(谷原秋桜子/創元推理文庫)読了。

富士見ミステリー文庫から創元推理文庫へ移籍となった谷原秋桜子を初めて読んだ。ものすごく可愛らしい小説だと思う。富士ミスから発売されているとはとても思えないぐらいに素直でひねくれたところの無い作風がとても魅力的だと思う。そのくせミステリ的には非常に端整であって、さほど複雑なトリックを仕掛けているわけではないのだけど、主人公を初めとする登場人物たち、扱われるガジェットから犯人の動機までがスムーズに繋がるところが見事だった。全体を通じて突出したものを感じるわけでもなければ、バランスの悪いところもなく、すべてが一定のレベルで美しく調和しており歪なものを感じないのはなかなかに素晴らしいことではないかと思うなあ。自分の中にどこにも不協和音として引っかかるものがなく、するりと受け入れることが出来る素直さがあって、そうした無防備とさえ言える”言葉”がとてもチャーミングのである。ほんと、可愛い小説だよなあ。


しかしこれ、富士見ミステリー文庫の中ではかなり浮いていたことは間違いなさそうだ。イラストが無いだけで、全然ライトノベルを読んでいる気がしないなあ。

|

« なんか眠くてしょうがない… | トップページ | あー鼻水がとまらん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/14072276

この記事へのトラックバック一覧です: 『天使が開けた密室』『龍の館の秘密』読了:

« なんか眠くてしょうがない… | トップページ | あー鼻水がとまらん »