« 『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』読了 | トップページ | 『移動都市』読了 »

2007.02.04

『竜を駆る種族』読了

415011590701
竜を駆る種族』(ジャック・ヴァンス/ハヤカワ文庫SF)読了。

超面白いんですよこれが。読んでてひっくり返るぐらいに面白かった本は久しぶりだなあ。

舞台となる惑星エーリスのバンベック一族の領主、ジョアズ・バンベックの自らの領地を守る戦いを描いている。バンベックの領土を虎視眈々と狙うカーコロ一族に対して、優れた戦略眼と戦術技法によって粉砕し、本来の敵であり、おそらくは人類の敵であると思われるエイリアン”ベイシック”に対して立ち向かうと言う話。まあ作品のイメージとしてはSF戦国物語と言ったところですな。戦国時代の日本が舞台で、そこに黒船が来ちゃったみたいな感じ。あと登場する”竜”は火縄銃な。

とりわけ魅力的なのは、単純にSF合戦物であるだけでないところで、通常の人間とは異なる文化体系、思考回路を持つ波羅門一族の存在やベイシックを捕らえて改良した”竜”の多種多様な生態などの世界観の豊かさなどはまさしくSF的であると感じられる。その異様とも言えるイメージがやたらと格好良いんだよな。

惜しむらくはこの作品は中篇であると言うところだ。「俺達の戦いはこれからだ!」で終わってしまっているので、非常に消化不良な感がある。”ベイシック”を退けたジョアズ・バンベックの一代覇王伝のプロローグ的な作品なのかな…。続編はあるのかしらん。

|

« 『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』読了 | トップページ | 『移動都市』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12872209

この記事へのトラックバック一覧です: 『竜を駆る種族』読了:

« 『戦闘城塞マスラヲ Vol.1 負け犬にウイルス』読了 | トップページ | 『移動都市』読了 »