« 『ブラックベルベット 緋の眼』読了 | トップページ | 月光中…その2 »

2007.02.11

月光中

月光のカルネヴァーレをやっているのだが…あーこのメインヒロイン(アンナ)には腹が立つなあ!自分自身の行いが人を傷つけると言うことを、さらには生きようとする行為はすべて当人のエゴでしかないと言うことをいつまで経っても認めてくれねえ!アンナの生存が”彼女”を”殺した”と言うのに、いまだに”助けてくれた”なんて言われては”彼女”が報われねえ!認めろ!ある意味においては、お前が”彼女”が殺したんだよ!
このヒロインは、明らかに高みにたって見下ろしているよなー。他者の悪意に鈍感で、さらに弱さにも無頓着で。傲慢だよなー(いや、悪意は無いんだよね…悪意が無いから余計にイライラするんだけどさ…)。

まだ途中だからまだ分からないんだけどね。なんとなく彼女が自分のエゴを見出すところが、この彼女のルートの落としどころなんじゃないかと思っているのだが。あー、つまり、彼女が自分自身の独占欲などの醜い感情を認めることで、恋愛物語として成就するのではないかなー。

ただ、まあ。無知で傲慢だからこそ、純粋で優しくもありえるのが難しいところではある、な…。腹は立つけど否定も出来ん…。

|

« 『ブラックベルベット 緋の眼』読了 | トップページ | 月光中…その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13863353

この記事へのトラックバック一覧です: 月光中:

« 『ブラックベルベット 緋の眼』読了 | トップページ | 月光中…その2 »