« なんかデジャブを感じると思ったら | トップページ | 月光中 »

2007.02.10

『ブラックベルベット 緋の眼』読了

408600851301
ブラックベルベット 緋の眼』(須賀しのぶ/コバルト文庫)読了。

外伝作品ではあるが、ここで描いておかないと今後の展開でヴァルカーレとエイセルのキャラが上手く機能しないと判断したのかな…。正直なところサンティスについては今までろくに描写されていなかったので、最初は「誰?」とか思ったけれど。まさか重要人物だったりするわけですか?と言うわけで本編とは基本的には関わりなく、どちらかと言えば、本編における主人公たちの敵役でありながら今ひとつ描写される気配が無かった人たちのキャラ立てのためのエピソードみたいな感じだった。登場する男どもはどいつもこいつも性格が捻じ曲がっており、コバルト読者ってこんな男を受け入れられるのかーなどとを感じた。はい、どうでもいいですね。それはともかくとしても、ヴァルカーレはなんて面倒くさいツンデレなんだ!サンティスじゃなくてもこれは逃げ出したくもなる。ラストシーンでは心情が明らかにならないけど、サンティスの現状を見るに、友に対する友情と執着と、あるいは憎しみが際立っているよなー。ただ、今まではなんだか分からん敵役だったのが、ずいぶんと血の通った存在になったなあ、と思う。やっぱり須賀しのぶは奇妙に”弱さ”と言うものに対してこだわりがあるみたいだよな。特に男性キャラクターには必ず歪みと弱さがあったりするのが不思議。作者の好みなんじゃろうか。

|

« なんかデジャブを感じると思ったら | トップページ | 月光中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12989361

この記事へのトラックバック一覧です: 『ブラックベルベット 緋の眼』読了:

« なんかデジャブを感じると思ったら | トップページ | 月光中 »