« 夢のようなシステムだ | トップページ | 『カミングアウト!』読了 »

2007.02.07

『さよならトロイメライ(7)想いの輪舞曲』読了

482916377101
さよならトロイメライ(7)想いの輪舞曲』(壱乗寺かるた/富士見ミステリー文庫)をそういえば読んでいたのだった。忘れていた。

しっかし、『銀盤カレイドスコープ』とは全く別方向に感想が書きにくい作品だなあ。

やっていることと言えば、主人公が中学校(女子校)に拉致監禁されてなにやらエロエロしい仕打ちを受けつつツンデレお嬢様と和服戦闘美少女(セーラー服版)にもみくちゃにされると言う脳がおかしくなるぐらいに頭の悪いストーリーである(褒め言葉)。なんか萌え萌えしていらしゃいますなあという感想しか出てこないのだが、何一つ読み終わった後に余韻なり考察が得られるわけでもなく、かといって批判的な感想を覚えるでもない。ただ楽しいと言うだけの作品なのだった。伝奇的な設定も無いことも無いけれどあんまり主要なところではないからなあ。ただ正直なところ読み終わるたびに「体に悪そうだなあ(頭が悪いなあ)」と思うのだが、ついつい新刊が出てしまうと買ってしまう…。ほら、いくら美味しくても懐石料理ばかりじゃ味気ないし、時には砂糖をぶちまけたココアが飲みたくなるような気持ちとでも言うのか。そんなトロトロに甘い嗜好品を楽しんだかのような愉悦のみが得られる作品と言うのが、このシリーズに対する僕の評価なのであった。

|

« 夢のようなシステムだ | トップページ | 『カミングアウト!』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13072543

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよならトロイメライ(7)想いの輪舞曲』読了:

» さよならトロイメライ〈7〉想いの輪舞曲 [ライトノベルっていいね]
さよならトロイメライ〈7〉想いの輪舞曲 著者 壱乗寺かるた イラスト 日吉丸晃 レーベル 富士見ミステリー文庫  刊行のペースが遅いのはマイナス。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。... [続きを読む]

受信: 2007.02.08 19:29

« 夢のようなシステムだ | トップページ | 『カミングアウト!』読了 »