« なんかエロゲーばかりやっているように見えるが気のせいだ | トップページ | み、見んなよ…オレを見るんじゃねえぇぇ! »

2007.02.08

『つばさ(2)』読了

484011764001
つばさ(2)』(麻生俊平/MF文庫J)読了。

キャラクターは過剰でもなければ秀逸と言うほどに立っているわけでもなく、波乱万丈の物語のダイナミズムがあるわけでもなく、アクションもどちらかと言えばと言うよりもはっきりと地味で、ラブは無いこともないがコメは無い。全体的に真面目で堅苦しいところがあって、まだまだ麻生俊平はいかにもライトノベルを書くには恥を捨て切れてないなーと言う印象があった。もちろん恥なんて捨てるものじゃなくて、麻生俊平は麻生俊平にしかかけないものを書いてくれればよいと思うのだが、現時点においては中途半端な印象が強いように思った。最近の麻生俊平の作品では良く感じることなのだが、物語やキャラクターの描写に(ライトノベルでこういうことを言うのもなんなんだが)物凄い”ありえなさ”を感じる。例えば序盤における仮面の少女剣士の道場破りとかその振る舞いとか。お前、なんかジャンル違わない?みたいな気恥ずかしさを感じてしまった。なんだろう、この感覚…。なんかライトノベルっぽくないんだよなー。例えれば児童文学的、あるいはお芝居的な仰々しさ、とでも言えば良いのだろうか…。まあ面白くないわけではないのだが(でなきゃ2巻は買わない)何が面白いのか説明し難い作品ではありますな。ふむん。

<追記>
しばらく考えていたら気がついた。これってジュブナイルなんじゃん。そうなるとさまざまな疑問が解消されてくる。この作品の持っている気恥ずかしさと言うのは、ジュブナイルにおけるストレートな表現に対するものだったのか…。

|

« なんかエロゲーばかりやっているように見えるが気のせいだ | トップページ | み、見んなよ…オレを見るんじゃねえぇぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13839832

この記事へのトラックバック一覧です: 『つばさ(2)』読了:

« なんかエロゲーばかりやっているように見えるが気のせいだ | トップページ | み、見んなよ…オレを見るんじゃねえぇぇ! »