« 『マリア様がみてる クリスクロス』読了 | トップページ | 『ティンカー』読了 »

2007.01.26

あーなんか創造的能力がなんも出てこない

絶不調。言葉が出てこない。

1.『零式』 海猫沢めろん ハヤカワ文庫JA
2.『ぴよぴよ 水上悟志短編集Vol.2』 水上悟志 少年画報社
3.『起動旅団八福神(5)』 福島聡 エンターブレイン
4.『月光のカルネヴァーレ』 ニトロプラス

んん?海猫沢めろんって本名に戻したんじゃなかったっけ?まあそれはおいといて、『左巻キ式ラストリゾート』でほんのごく一部にだけ大評判になった作者の第二長編に当たるが、第一作を読んだ人はこの世にいったいどれくらいいるのだろう…。あとやたらとソリッドで疾走する異様にかっちょええ文体にびっくりした。いろいろとやっちゃっている感が強いが、それが良い。

水上悟志の短編は至高であるという結論に達した。表題作の「ぴよぴよ」がとにかくとにかくすげえ。非日常と、その非日常さえも日常に取り込んだハートフォーミングファミリーコメディ。終わらせ方にも気品がある。

八福神ってやっていることは最近のロボットアニメと変わらないような気がするのだけど、戦場にありながら正義の味方を目指す主人公が、けっこう自分のエゴが剥き出しで、そのエゴを自分でも自覚していながらそれでもなお正義の味方である事を目指しているところが実にひねくれている。人間の醜さと、その醜さを受け入れる強さを併せ持っているんだよなー、この主人公。まあその強さは、実のところものすごく危ういものであるような気もするんだけど…。

ニトロプラスのゲームを買った。えろいやつ。はっきり言って、エロゲー業界においてニトロプラスはゲームと言う総合芸術の構築力においては右に出るものが無い、と思う。単にシナリオが良いとか絵が良いとかではなくて、それらすべてを含めた一つの”作品”として美しくまとまっていると感じる。きっと有能な監督と言うかプロデューサーがいるんだろうな(虚淵玄かな?)。
ところでこの主人公の声…んん?…杉○智和じゃねえか…。

|

« 『マリア様がみてる クリスクロス』読了 | トップページ | 『ティンカー』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13671272

この記事へのトラックバック一覧です: あーなんか創造的能力がなんも出てこない:

« 『マリア様がみてる クリスクロス』読了 | トップページ | 『ティンカー』読了 »