« 『きつねのはなし』読了 | トップページ | 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 »

2007.01.23

現在、バイオリズムが下降線を描きつつも谷の底が見えてきません

今日は一日中体がだるく、精神的にも肉体的にもへばっている状態が続いている。まだ週の半ばにもなっていないと言うのに困りますなあ(他人事のよーに…)。自らを奮い立たせるにも燃料が足りない。これは改善が難しそうだ。

1.『神曲奏界ポリフォニカ まぁぶる』 榊一郎他 GA文庫
2.『太陽戦士サンササン』 坂照鉄平 富士見ファンタジア文庫
3.『天使が開けた密室』 谷原秋桜子 創元推理文庫
4.『龍の館の秘密』 谷原秋桜子 創元推理文庫
5.『暗闇にヤギを探して2』 穂史賀雅也 MF文庫J
6.『テレパシー少女蘭 闇からのささやき[後編]』 あさのあつこ+いーだ俊嗣 講談社
7.『シュヴァリエⅣ』 原作:冲方丁 漫画:夢路キリコ 講談社
8.『へうげのもの(4)』 山田芳裕 講談社

なんか最近『ポリフォニカ』ばかり買っているような気もするが、なんか面白い、ような気がする。この短編集から築地俊彦が参戦が決まったわけだが…まあ、相変わらず読者に嫌がらせをすることにすべてをかけている作家だな、と。読者に不愉快な思いをさせるためだけに小説を書いているかのようで、その趣旨の徹底振りにはさすがに感心するものがありました。

あと富士見ファンタジア大賞関連作のうち、とりあえず準入選作を手に取ってみた。これはなかなか面白かった。会話やテーマの語り方に並々ならぬセンスを感じさせられる。”説明”と”描写”と言うものを完全に理解しているところが素晴らしい。けっこうベテランでも混同するところがあるのになあ。

『テレパシー少女蘭』。えろー。以上(ちょっとまてや)。

|

« 『きつねのはなし』読了 | トップページ | 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13636341

この記事へのトラックバック一覧です: 現在、バイオリズムが下降線を描きつつも谷の底が見えてきません:

« 『きつねのはなし』読了 | トップページ | 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 »