« 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 | トップページ | あーなんか創造的能力がなんも出てこない »

2007.01.24

『マリア様がみてる クリスクロス』読了

027422670000
マリア様がみてる クリスクロス』(今野緒雪/コバルト文庫)読了。

はーなーしーが進まなーい…などと言うことはすでに禁句であり、心穏やかにただ出された料理を味わうのがマリみてにおける作法にござる。今回はバレンタイン行事であるファンにとってはおなじみのアレですが、少女たちのわくわくどきどき感はあいも変わらず美しい。なんか楽しそうにやってんなー。思わず遠い目。
前回はいろいろ空回りをしていた祐巳が、今回はやたらと落ち着きを見せてきているのには、なかなかに時間の流れを感じさせるとともに、これは以外にもビルドゥンクスロマンでもあったのか、と新鮮な趣きである。まあこれほどまでに物語が続き、時が流れれば、ビルドゥンクスの要素は自然に生まれていくものだけれどもね。
あと、実は瞳子が主人公っぽい扱いになっているのだが、彼女の心情は読者には明確な形では明らかにされず、読者が分かるのはその行動のみであるところに、なんだかハードボイルド小説めいたソリッドな表現を感じられたのが面白かった(たぶん意図的なものじゃないだろうケド)。

|

« 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 | トップページ | あーなんか創造的能力がなんも出てこない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/13647863

この記事へのトラックバック一覧です: 『マリア様がみてる クリスクロス』読了:

« 『ネコのおと リレーノベル・ラブバージョン』読了 | トップページ | あーなんか創造的能力がなんも出てこない »