« 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 | トップページ | 昨日と今日で買ったもの »

2006.12.09

『さよなら純菜そして、不死の怪物』読了

027286070000
さよなら純菜そして、不死の怪物』(浦賀和宏/講談社ノベルス)読了。

浦賀和宏最高潮と言った感じだった。

浦賀和宏の純菜たちとの交流を経て救いを覚え初めていた剛士が絶望のどん底に突き落とされた前巻ラストから、なんと一冊丸ごとその苦しみにのた打ち回る剛士の脳内妄想が大暴走。途中で剛士の命を狙うスナイパーが自宅に押し入って着たりとエンタメ的な活劇部分もあったりするけれども(ところでスナイパーとのバトルでは河野と剛士がやたらと格好良かったなあ。苛める側と苛められる側だった二人が命の危険を感じたところでお互いを庇いあうとは…)、概ね純菜に拒絶された苦しみを、剛士がおのれの能力を総動員して乗り切ろうと屁理屈をこねたり感情的になったり横道にそれたり延々と思考が空転しているさまをひたすら描写して一冊の本にしてしまっている。…なんでこんなストーリーで一冊の本になるんだ?浦賀和宏は化物か?

絶望にのた打ち回る剛士くんの妄想はひたすら気持ちがドス黒くなっていきそうなほどに痛々しく、同時に共感を覚えてやまない。苛められるということは、その尊厳を傷つけられると言うことで、尊厳を守るためにかれはいくつもの欺瞞を抱えていたわけだけど、欺瞞そのものは独善的だけど、その欺瞞を非難することなどは出来ようも無い。そんな欺瞞を抱え込まずにいられなかった彼を、僕はただ痛ましく思うだけである。

なんつーか、浦賀和宏はルサンチマンの作家なんだろうけど、ルサンチマンをここまで普遍的に書けるというのはなかなか凄いことなんじゃないかと思った(まあ僕だけかもしれないが)。妄想とルサンチマンの強度と言ったら半端じゃない。どこまで到達するんだ、この作家は…。

|

« 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 | トップページ | 昨日と今日で買ったもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12625288

この記事へのトラックバック一覧です: 『さよなら純菜そして、不死の怪物』読了:

» さよなら純菜 そして、不死の怪物 [本を読もう]
 これ単独で読んでもきっとよくわからないまま終わるだろう。シリーズ通して読んでもわからないんだし。今作は今までの復習というか総集編のような感だったけど、これ以前があまりに重苦しい雰囲気に包まれていたので結構楽しめた。まさか本格ミステリの話が出てくるとは思わなかったけど、それを踏まえたうえでこのラストをどう読むかで評価は変わってくると思う。それにしてもすごい展開だな。... [続きを読む]

受信: 2007.04.05 09:38

« 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 | トップページ | 昨日と今日で買ったもの »