« 『串刺しヘルパーさされさん(2) 呪われレボリューション』読了 | トップページ | 『薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』読了 »

2006.12.01

『野を馳せる風のごとく 戦塵外史』読了

027136630000
野を馳せる風のごとく 戦塵外史』(花田一三六/GA文庫)読了。

非常に思い出深い作品だった。

学生時代に購読していた唯一の小説雑誌の「ザ・スニーカー」からデビューした作者の初長編作品だったかと思う。この人はデビューが短編で合ったことからも分かるように、本来、短編がむちゃくちゃ面白い作家である。冗長さなど全く無い機能美溢れる、というと語弊があるが、よく切れる刃物のような潔さすら感じられる作品を書く人なのである。そんな作家が初の長編を書いたということで刊行当初も不安な思いがあったものだが、今になって読み返してみると、無駄の無さがやや仇になっているところがあるのが惜しかった。本来、無用のシーンを作らないことで驚くべき緊張感を生み出すのがこの作者の凄さなのだが、長編になってはその緊張感を維持し続けるにも限界がある。作品がどうこう以前に読者が緊張感を維持できないのだ。結果、この作品をよっぽど好きでないと、下手すれば盛り上がりない(ように見える)まま淡々と物語が進んでしまうように感じられかねないのがもったいない。

だが"一騎駆け”から始まる血沸き肉踊る導入部の面白さは凄まじいので、ここに波長が合う人ならば間違いなく楽しめる。人知を超えた神の如き超英雄たるダリウスたちの勇猛さ、人間的魅力に満ち溢れたその姿はどうだ。荒々しく、狂猛にして、神話の勲詩の如きワンシーン。空恐ろしくなるほどの高揚と憧憬がそこにはあるように感じられる。もう最高だよ。いいからとにかく立ち読みでもいいので読んで欲しい。論より証拠だ。とにかくすごいから。本当に。

あとは短編集の復刻も心待ちにしております。

|

« 『串刺しヘルパーさされさん(2) 呪われレボリューション』読了 | トップページ | 『薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12649128

この記事へのトラックバック一覧です: 『野を馳せる風のごとく 戦塵外史』読了:

« 『串刺しヘルパーさされさん(2) 呪われレボリューション』読了 | トップページ | 『薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』読了 »