« 体調不良が続く | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 »

2006.12.08

『零崎軋識の人間ノック』読了

027286110000
零崎軋識の人間ノック』(西尾維新/講談社ノベルス)読了。

今回の主人公である零崎軋識さんは、今までの零崎と違って極めてヘタレなところが魅力でありますね。極まった殺人鬼でありながら殺人鬼に徹しきれずに”死線の青”に心を惹かれるどこまで行っても中途半端さがあって、その迷いを(一応)吹っ切るまでの話になっている。

一見バトル小説のように見えて、実は登場人物たちがひたすらおしゃべりをしているだけなところなんて相変わらずの西尾維新と言う感じでけっこう面白いとは思うけど・・・どうもどこに焦点があっているのか分からないなあ…。まあ西尾維新の作品は、どこかに重要なテーマなり感動なりカタルシスなど、作品の焦点に当たるものをあえて曖昧にして、延々とわき道にそれていくところが特徴だと思うし、むしろ物語の辺境をどんどん広げていくこと自体を重視しているのかもしれない。

なんつーか、一通りじゃないひねくれ方をしているよなーこの作者、とか今更ながら思った。

|

« 体調不良が続く | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12625382

この記事へのトラックバック一覧です: 『零崎軋識の人間ノック』読了:

« 体調不良が続く | トップページ | 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了 »