« 過去は美化されるもの | トップページ | 男は黙ってゼロの使い魔 »

2006.12.20

『覇者の魔剣-抗いし者たちの系譜-』読了

027234410000
覇者の魔剣-抗いし者たちの系譜-』(三浦良/富士見ファンタジア文庫)読了。

ふつーに面白い作品だなあ。魔王にして皇帝サラ=シャンカーラの戦いはまだまだ続くと言う感じで、統一したはいいけど、封じられた元国王たちの野心は未だ治まる気配を見せず、各国の火種はくすぶり続けている。そう言った陰謀に対してさらなる策謀で持って立ち向かう主人公サラ陛下は、近年稀に見るほどに強くて格好いいヒロインだとつくづく思いました。ラジャス閣下の前では心揺れる一人の乙女でもあったりするのが微笑ましくてよいですね。もう一方の主人公格であるラジャス閣下はうって変わってのびのびとしているんですが、彼は彼なりの意図を持って動き始めていたりして、なかなか読者にも本心を明かしてくれないハードボイルドなキャラクターとして立ってきている感じがした。割と面白いとは思うんだけど、個人的には富士見ファンタジア文庫で出ているのが不思議なくらいに”少女小説”的な部分がちょっと引っかかるんだよなー(角川ビーンズっぽいと言うか)。細部に微妙な”軽さ”感じてしまうのは、まあ好みの問題なんでしょうね。

|

« 過去は美化されるもの | トップページ | 男は黙ってゼロの使い魔 »

コメント

初代魔王に萌え萌えだと思うのだがどうだろうか?

なんか世界観のコアが一瞬ランス(注エロゲ)と似ているような気がしたが気のせいだろう。きっと。

投稿: 背徳志願 | 2007.01.15 06:57

ネットではお久しぶりです。リアルではそうでもないですが。

それはともかく、初代魔王はいかにも師匠が好きなキャラっぽいですねえ。大雑把な言い方をしてしまうと人外ロリ(か?)の不思議系というやつかしら。

投稿: 吉兆 | 2007.01.17 22:49

へそだしでしたなあ・・・。>初代
シリーズも一応完結したみたいでなにより。
まあ、なにも解決していない気もしないでもないが。

投稿: 背徳志願(ツンデレ) | 2007.01.30 06:28

明らかに「第一部完」って感じだったな。

なんかこの作品、わりと好きになってきた。最新巻は女性陣のえげつねえバトルがムチャクチャ格好良かった。なんだこの全身武器の塊の皇帝陛下は…。

投稿: 吉兆 | 2007.02.01 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12743318

この記事へのトラックバック一覧です: 『覇者の魔剣-抗いし者たちの系譜-』読了:

» 抗いし者たちの系譜 覇者の魔剣 [ライトノベルっていいね]
抗いし者たちの系譜 覇者の魔剣 著者 三浦良 イラスト KIRIN レーベル 富士見ファンタジア文庫  イラストレーターのあとがきがいいよね。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリ... [続きを読む]

受信: 2006.12.22 18:12

« 過去は美化されるもの | トップページ | 男は黙ってゼロの使い魔 »