« 『逆境戦隊バツ[×]』読了 | トップページ | 過去は美化されるもの »

2006.12.18

『ボクのセカイをまもるヒトex』読了

027232320000
ボクのセカイをまもるヒトex』(谷川流/電撃文庫)読了。

全く谷川流は恥ずかしがり屋さんと言うか照れ隠しの仕方が中途半端でみっともないね!まあその煮え切らなさがいかにもインテリっぽくていい感じに駄目駄目だなあ。いろいろ萌えシチュエーションをこれでもかと繰り出しながら、地の文で語り手がひたすら言い訳をしているところが個人的には激しく萌えるですよ(作者に)。えーと内容としては微に入り細に渡って真面目に萌えシチュエーションを書いてみました以上のものではないのだが、素直に普通にライトノベルスタンダードになっているところが逆に怪しい。なんかの伏線なのかもしれないが、まあ現時点ではさっぱり分からん。まあ何も考えずに萌え萌えのライトノベルを読んだつもりで入ればいいのか(少なくとも今の段階では)。なーんか怪しいんだけどな…(作者の術中に嵌りすぎです)。

|

« 『逆境戦隊バツ[×]』読了 | トップページ | 過去は美化されるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12743302

この記事へのトラックバック一覧です: 『ボクのセカイをまもるヒトex』読了:

» ボクのセカイをまもるヒトex [ライトノベルっていいね]
ボクのセカイをまもるヒトex 著者 谷川流 イラスト 織澤あきふみ レーベル 電撃文庫  この巻は面白いかも。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございます。 ... [続きを読む]

受信: 2006.12.19 18:25

« 『逆境戦隊バツ[×]』読了 | トップページ | 過去は美化されるもの »