« 『野を馳せる風のごとく 戦塵外史』読了 | トップページ | 『化物語(上)』読了 »

2006.12.02

『薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』読了

027231370000
薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』(十文字青/角川スニーカー文庫)読了。

ジョーカー、ロム・フォウといった新たなZOOメンバーと合流し、血塗れ聖堂騎士団との対決を開始したマリアたち。そこにサリア・ベルの操る怪物との限界を超えた戦いが始まった!と言う感じ。前回のバンカロ・ファミリーの面々はあくまでも一般人よりは上というレベルの戦闘力だったために、あまりにも絶望的な力の差、人間ではどうしようもない運命に抗する意思がクローズアップされていたが、そのような絶望を笑って砕くのがZOOの超人的な戦士たちなわけです。前作があるからこそ、トマトクンらの絶望を希望に変える圧倒的な超絶戦闘力が際立たせているのが見事だった。戦闘力のインフレを回避しているしね。

そしてそんな超絶バトルが繰り広げられると、マリアローズは完璧に傍観者の扱いになってしまっている。手を出してしまっては足手まといになるだけなんだからしょうがないんだけど。おそらく傍観者でしかありえない自分、というのは続巻への伏線になっているんじゃないかと思った。

アジアンに対するマリアの感情は、どことなく、あれだな。別に男だって女だって人間じゃなくたっていいじゃん、みたいな。…わけわからねーよ。マリアのメンタリティは、男か女かで言えば男性的だと思うのだけど(断言は出来ないが)、アジアンに対する感情にはホモセクシャル的な印象を感じつつ、でもまあそんなのはたいしたことじゃないよね、みたいな。…ますます分からなくなった。もういいや。とにかく素直になってくれればいいなあ、と。

血塗れ聖堂騎士団はとりあえず”D・M・C!D・M・C!”と言うことでOK?いやメタル系という意味であって他意はありません。でもクラウザーさんが言っていることと変わらんよなあ。

全くまとまりが無いが感想終わり。

|

« 『野を馳せる風のごとく 戦塵外史』読了 | トップページ | 『化物語(上)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12597201

この記事へのトラックバック一覧です: 『薔薇のマリア Ⅵ.BLOODRED SINGROOVE』読了:

» 薔薇のマリア (6) .BLOODRED SINGROOVE [ライトノベルっていいね]
薔薇のマリア (6) .BLOODRED SINGROOVE 著者 十文字青 イラスト BUNBUN レーベル 角川スニーカー文庫  ちょっとマズイかな?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありが... [続きを読む]

受信: 2006.12.03 09:06

» 薔薇のマリア 6 BLOODRED SINGROOVE/十文字青 [ラノベ365日]
薔薇のマリア (6) .BLOODRED SINGROOVE十文字 青 角川書店 2006-10-31by G-Tools 【港町ジェードリに辿り着いたZOO一行。目の前に広がる惨劇に驚くマリアたちだったが、ジョーカー、ロム・フォウも加わり、騒動の渦中に飛び込んでゆく。"】 「フハハハハァァッ! 筋肉万..... [続きを読む]

受信: 2006.12.11 02:21

» [書評][十文字青][薔薇のマリア][ファンタジー][シリアス][★★★★★]薔薇のマリア(6)BLOODRED SINGROOVE [いつも感想中]
薔薇のマリア (6) .BLOODRED SINGROOVE (スニーカー文庫) 作者: 十文字青 出版社/メーカー: 角川書店 発売日: 2006/10/31 メディア: 文庫 しかし、1巻を読んだ時にはこんなに凄い話になるとは思わなかったなあ・・・。 ストーリー マリアローズを始めとするZOOの面々がジェ... [続きを読む]

受信: 2007.10.18 22:41

« 『野を馳せる風のごとく 戦塵外史』読了 | トップページ | 『化物語(上)』読了 »