« 『零崎軋識の人間ノック』読了 | トップページ | 『さよなら純菜そして、不死の怪物』読了 »

2006.12.09

『我が家のお稲荷さま。(6)』読了

027232330000
我が家のお稲荷さま。(6)』(柴村仁/電撃文庫)読了。

なんか久しぶりに読んだ。

相変わらず事件が起こっているような起こっていないような不思議なお話。まあ変わらないと言うことは良いことだ。ミニスカサンタとか一日メイドさんとかやたらと盛りだくさんでありながらも、描写が上品なのが良い。この素直な描写は相変わらずの強みだよなあ。普通のライトノベルがジャンクフードだとすれば、柴村仁はお吸い物みたいな爽やかさがあると思うんですけど、こんなのオレ様感覚でしかないので同意はもとめるつもりは無い。何言ってんだ俺。

あー何と言うか読んだ後に激しい感情を呼び起こすとかそういうのは全く無いけど、こういう作品が無くなったらつまらない話なんで、マイペースでやってくれれば良いんじゃないかと思った。まあ僕はコウを贔屓にしているんで、彼女の出番が多ければ何も文句はございません。

|

« 『零崎軋識の人間ノック』読了 | トップページ | 『さよなら純菜そして、不死の怪物』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12636521

この記事へのトラックバック一覧です: 『我が家のお稲荷さま。(6)』読了:

» 我が家のお稲荷さま。〈6〉 [ライトノベルっていいね]
我が家のお稲荷さま。〈6〉 著者 柴村仁 イラスト 放電映像 レーベル 電撃文庫  ライトノベルの一つの完成形かな?  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございま... [続きを読む]

受信: 2006.12.10 09:04

« 『零崎軋識の人間ノック』読了 | トップページ | 『さよなら純菜そして、不死の怪物』読了 »