« すげえ事をするな… | トップページ | 『パラケルススの娘(5)』読了 »

2006.11.23

『”文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』『“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)』読了

026713640000026972850000

”文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』、『“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)』(野村美月/ファミ通文庫)読了。

これはとても面白い。

・”文学少女”の正体が分からないのがまず品が良い。本当に妖怪なのか、単に体質、あるいは疾患であるのか読者には判断出来ない。

・”文学少女”である先輩が非常に魅力的。普通の少女らしさと、優しくてお節介な先輩なところと、冷たく乾いた透徹した眼差しを併せ持つ。正体の不明瞭さとあいまって、非常にミステリアスな魅力がある。

・道化の方は太宰治の『人間失格』、幽霊の方はエミリー・ブロンテの『嵐が丘』をそれぞれ底本、というかそのまま物語の構図を持ってきている。それぞれの魅力を上手く学園ライトノベルとして解釈し直しているところが見事。

・思えば太宰治なんて思春期にきちんと読んだら強烈な影響を与えられかねない作品だけど、驚くほど10代には読まれていないと思う。一部の、それこそ文学少女(少年)ぐらいにしか届かないのはあまりにもったいなさ過ぎる。その意味でもこの作品でやっていることは意義があるかもしれない。無論面白ければ何でもいいが。

・物語の取り込み方についても、単にそのまま持ってくるだけではなくて、きちんと作者が”解釈”した物語になっているところも良い。人間失格における世界と相容れない恐怖を、やや直接的過ぎるもののライトノベル的な葛藤にしている。これももっと極端にすると戯言シリーズ(グビシメロマンチストあたり)になってしまうのだろうが、あれはまた別のもの。

・幽霊に至り道化で感じられた換骨奪胎のぎこちなさが大分薄れて来たように思う。原作の影響もあるのだろうが、狂気にすら至る熱情を冷たく乾いた筆致で突き放した描写に、野村美月の美意識が感じられた。けっこう凄いものを読んだ気がする。

・実にクールなシリーズだと思った。

|

« すげえ事をするな… | トップページ | 『パラケルススの娘(5)』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12366087

この記事へのトラックバック一覧です: 『”文学少女”と死にたがりの道化(ピエロ)』『“文学少女”と飢え渇く幽霊(ゴースト)』読了:

« すげえ事をするな… | トップページ | 『パラケルススの娘(5)』読了 »