« 『カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~』読了 | トップページ | 『死神とチョコレートパフェ』読了 »

2006.11.03

『輝石の花』読了

027064990000
輝石の花』(河屋一/富士見ファンタジア文庫)読了。

まあ一言で言っちゃうと、少年少女の未熟さと甘さを前面に押し出されると僕は楽しむところがないよね!と言う感じ。主人公たちの判断や思い込みにも寛大には受け止めきれず、ちょっとイライラしちゃったしなー(たぶん、この手の未熟さは僕にも覚えがあることだから、あまり客観的に受け止められないんだろうな。わが身を省みて、自戒)。あと、ファンタジーとしては、世界感に描写が割かれていなかったのもややマイナス。宝石と言う小道具は魅力的だと思うので、そちらを生かして欲しかったなあ。まあ、この作品の肝は主人公二人の絆を描くことなのだろうし、作者には外側へあまり興味がないのかもしれない。まあ趣味の方向が違ってたということで。

|

« 『カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~』読了 | トップページ | 『死神とチョコレートパフェ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12217040

この記事へのトラックバック一覧です: 『輝石の花』読了:

» 輝石の花 [ライトノベルっていいね]
輝石の花 著者 河屋一 イラスト 山基海苔 レーベル 富士見ファンタジア文庫  リバーシブルカバー。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございます。  あなた... [続きを読む]

受信: 2006.11.04 09:44

» 輝石の花/河屋一 [ラノベ365日]
輝石の花河屋 一 富士見書房 2006-09-20by G-Tools 【田舎の村に暮らす、輝石使いの母を持つ少女・ベルネージュ。彼女は幼なじみの少年カッサや村人たちと穏やかな日々を過ごしていた。しかし、その村を《黙》と呼ばれる謎の怪物が襲う】 「これは理不尽に立ち向かう術。 ..... [続きを読む]

受信: 2006.11.05 16:41

« 『カーリー ~二十一発の祝砲とプリンセスの休日~』読了 | トップページ | 『死神とチョコレートパフェ』読了 »