« 『ラグナロク EX.MISFORTUNE』読了 | トップページ | 『円環少女(サークリットガール)(4) よるべなき鉄槌』読了 »

2006.11.24

自意識の所在がつかめない

今更こんな事を考えているのもどうかと思うんだけど。もうちょっと自意識でチャンバラをする技術を鍛えた方がよさそうだ。自分でも思うけど、自我が無防備すぎてゾッとすることがある。気を抜くとすぐに穴熊戦法に走ってしまうからなあ。これだから精神的ニートは…。

1.『銃姫 Sincereli Nightly』 原作:高殿円 漫画:一文字蛍 講談社
2.『鋼の錬金術師(15)』 荒川弘 スクウェア・エニックス
3.『NHKにようこそ(6)』 原作:滝本竜彦 漫画:大岩ケンヂ 角川書店
4.『マヒルの用心棒 ♯1』 大岩ケンヂ 角川書店
5.『マルドゥック・ヴェロシティ(3)』 冲方丁 ハヤカワ文庫JA
6.『竜を駆る種族』 ジャック・ヴァンス ハヤカワ文庫SF
7.『精霊の守人』 上橋菜穂子 偕成社

銃姫の漫画。なんか絵が上手いなあ。

NHKにようこそは通常版です。負け犬呼ばれても良いー!しかし、原作とはまた別方向に痛々しくて見ていられない作品になってきたな…。

マヒルの用心棒がやたらと面白い。大岩ケンヂは上手さを改めて実感する。見事。

マルドゥック・ヴェロシティ。疾走することへ強烈な意思を感じる。久しぶりに冲方丁の”人生”を感じさせられる。

竜を駆る種族。いや、まあ、これはその場の勢いで。

精霊の守人。これもその場の勢いで。

|

« 『ラグナロク EX.MISFORTUNE』読了 | トップページ | 『円環少女(サークリットガール)(4) よるべなき鉄槌』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12810077

この記事へのトラックバック一覧です: 自意識の所在がつかめない:

« 『ラグナロク EX.MISFORTUNE』読了 | トップページ | 『円環少女(サークリットガール)(4) よるべなき鉄槌』読了 »