« 『パラケルススの娘(5)』読了 | トップページ | 『夜明けの剣 ルーンの杖秘録Ⅲ』読了 »

2006.11.23

『ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険』読了

027230590000
ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険』(ヤマグチノボル/MF文庫J)読了。

まあ僕はヤマグチノボル信者であり基本的にすべて肯定できる人間なので面白かったけど、自己主張をほとんどしないタバサを主人公にすると言うのはかなりの冒険(冒険だけに。くだらねー)だと思った。まあ僕はキャラクターにはほとんど感情移入をしないタイプなので、その点そのものは気にならなった。ただキャラクターのドロドロとしたコンプレックスが表に出てこないと、ヤマグチノボルらしさがあんまり出てこないと言う気はする。

ゼロの使い魔を読み出した当初は思いもよらなかったけど、ヤマグチノボルというのは、基本的にキャラクターの負の感情(劣等感)とその克服を描いている作家なので、内面を描かれないとけっこう平凡な物語になってしまうのだよな。ルイズはツンデレの代名詞的な言い方をされるけど、その実、貴族でありながらゼロと侮蔑されていたコンプレックスの塊で、攻撃的な物腰はそれを隠蔽するための仮面に過ぎない。サイトに対する虐待ぶりもその延長にあるからこそ”デレ”に陥ったときの魅力が存分に出てくるのだと思う。最近ではそれをわかっていないツンデレが多すぎる…。反応だけ真似ればよいと言うものではないのだが。

話が逸れた。
さて、そういった意味で、『タバサの冒険』においてもっとも魅力的なキャラクターは、タバサにとって仇の娘であり常に無理難題を吹っかけてくるイザベラ姫である。現王の娘であり地位も名誉も何もかも得ながら、しかし、己が力のみで騎士(シュヴァリエ)となり端然と佇むタバサに対する根深いコンプレックスを抱えた彼女の姿には共感すら覚える。何をどうあがいても勝てない相手(しかもおそらくは自分の理想形)が目の前にいるってのはキッツイだろうなあ。彼女がこのままコンプレックスにくらんで暴走し自滅するのか、あるいはそれを振り切るのか。おそらく本編でも登場すると思うので楽しみだなあ。

|

« 『パラケルススの娘(5)』読了 | トップページ | 『夜明けの剣 ルーンの杖秘録Ⅲ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12417686

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険』読了:

» タバサの冒険 ゼロの使い魔外伝/ヤマグチノボル [ラノベ365日]
タバサの冒険 ゼロの使い魔外伝ヤマグチ ノボル メディアファクトリー 2006-10by G-Tools 【"雪風"のタバサには秘密があった。母国ガリアが彼女に与えた役目は北花壇騎士。胸に秘めた目的のため、タバサは使い魔である風竜・シルフィードとともに過酷な任務へ向かう】 「わ..... [続きを読む]

受信: 2006.12.11 02:15

» ゼロの使い魔特集 [ゼロの使い魔 データベース]
「ゼロの使い魔」に関する情報を集めたデータベースです。 [続きを読む]

受信: 2006.12.13 09:27

« 『パラケルススの娘(5)』読了 | トップページ | 『夜明けの剣 ルーンの杖秘録Ⅲ』読了 »