« ここ最近のジョジョの面白さは異常 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅲ』読了 »

2006.11.06

『キノの旅Ⅹ』読了

484023580501
キノの旅Ⅹ』(時雨沢恵一/電撃文庫)読了。

表紙のキノがやたらとエロい。すっかりキノを女の子として描いているなあ、黒星紅白。おそらく学園キノでしっかり女の子をしているキノを描いたことによる影響であろうと邪推するのだが、真相は不明。まあどうでもいいことといわれればそうだけど、そのあまりの腰つきのいやらしさには、正直たまらんものがあります(いやらしいのはお前の脳だ。オレか)(死んじゃえ)。

相変わらずブラックなユーモアとストレート過ぎる皮肉が魅力の近作だが、「歌姫のいる国」ではなかなか変わった事をやっていると思った。清く正しいボーイミーツガールなんだけど、なぜかキノが、主人公たちを何度も取り逃がす間抜けな殺し屋役に成り下がっているところが死ぬほど笑える。ラピュタで言えば「ドーラ一家」あたりの役回りから、いつの間にやらキューピット役まで引き受けているキノの律儀さ加減には正直意外な印象が無いでもないが、こんな純粋一直線の少年少女を見たら助けないわけにはいかんよなあ…大人として…(本当はキノも少女のはずなんだけど、そーゆー意味での少女らしさは全くないからなあ)。キノらしくもないお節介なこともしちゃって、本人も苦笑いをしてんだろーなーと言う感じがして、これはこれで嫌いじゃないよ。

|

« ここ最近のジョジョの面白さは異常 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅲ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12217098

この記事へのトラックバック一覧です: 『キノの旅Ⅹ』読了:

» キノの旅Ⅹ [STAIRWAY 2 HEAVEN]
時雨沢 恵一 キノの旅〈10〉the Beautiful World  電撃文庫の「キノの旅Ⅹ(著:時雨沢恵一 画:黒星紅白 )」を読みました。  ――「いい歌だった。歌もいいけど、歌手の歌い方がとても素敵だった。気に入った」    「おや、キノがそこまで満足げに言う... [続きを読む]

受信: 2006.11.07 19:48

» キノの旅 10/時雨沢恵一 [ラノベ365日]
キノの旅〈10〉the Beautiful World時雨沢 恵一 メディアワークス 2006-10by G-Tools 【歌が終わった直後から、まるでそれがスイッチだったかのように、広場には人の動きが生まれていた。「旅人さん。さっきの歌聴いたかしら?この国が誇る歌姫の歌なのよ」】 「"歌姫の半分"..... [続きを読む]

受信: 2006.11.12 20:41

« ここ最近のジョジョの面白さは異常 | トップページ | 『狼と香辛料Ⅲ』読了 »