« 『アンダカの怪造学Ⅳ 笛吹き男の夢見る世界』読了 | トップページ | 自分は無能だなあ、と思うときが良くある »

2006.10.31

『レンズと悪魔Ⅰ 魔神覚醒』読了

027135670000
レンズと悪魔Ⅰ 魔神覚醒』(六塚光/角川スニーカー文庫)読了。

しかし、この作者はヒロインに撲殺をさせないと気が済まないのか。と言うより人間を撲殺できるぐらいじゃないとこの作者的にはヒロインと認められないのだろうか。まあ確かにヒロインにも奇抜さを求められる昨今、自分の道は自分で切り開く積極性と攻撃力を所有することは、ライトノベルヒロインとしてやむ得ぬ仕儀やも知れぬ、と思った。冗談だ。

中身は相変わらずの伝奇アクションとしてなかなかに出来が良い。ただ主人公の動機は中途半端な気がするなあ。さして執着があるわけでもなさそうだし、もうちょっと積極的に動かすか、いっそのこと完全に巻き込まれ型にしてもよかったような気もするが。ただバトルロイヤルものになって、駆け引きが中心となって来たあたりは大変に面白い。やっぱり主人公の能力はワンノブゼムじゃないとね(偏った意見)。限られた資源を有効に使うことで勝利を導き出すと言う過程に燃えるわけですよやっぱ。あと何気に相棒ものでもあるのな(全然何気じゃねえよ)。苦労性とお調子者のコンビは、どっちもおっとりとしているためか毒は無いけど、あきれるくらいにお気楽でゆるい関係を構築していってくれそう(癒し系かもしれんなあ)。真剣なのにふざけていて、ふざけているのに深刻と言う、ゆるさとシリアスの按配の独特さは相変わらずなので、安心して読めるのも良い。続巻にも継続して期待したい。

|

« 『アンダカの怪造学Ⅳ 笛吹き男の夢見る世界』読了 | トップページ | 自分は無能だなあ、と思うときが良くある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12217029

この記事へのトラックバック一覧です: 『レンズと悪魔Ⅰ 魔神覚醒』読了:

» レンズと悪魔〈1〉魔神覚醒 [ライトノベルっていいね]
レンズと悪魔〈1〉魔神覚醒 著者 六塚光 イラスト カズアキ レーベル 角川スニーカー文庫  タマラセから半年。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックありがとうございます... [続きを読む]

受信: 2006.11.03 08:17

« 『アンダカの怪造学Ⅳ 笛吹き男の夢見る世界』読了 | トップページ | 自分は無能だなあ、と思うときが良くある »