« ここ数日で買ったもの | トップページ | 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど »

2006.10.05

『ジョン平とぼくと』読了

479733711701
ジョン平とぼくと』(大西科学/GA文庫)読了。

ゆるいなあ…。

正直なところを言うと、この作品はあまりにも全体的にゆるさが徹底されていて、ひたすらだらだら続いているだけの、どこが日常でどこが盛り上がりどころなのかすら曖昧な作風は、個人的には素直に面白いとは考えにくいのだけど、それでも、どこか真剣になり過ぎない、全体を一歩引いてみるかのようなまなざしがクールだと思った。ぶっちゃけた話、どこが面白いのかも上手く説明できないのだが、帯で小川一水が褒めているのは分かるような気がする。むやみに悲壮で深刻で仰々しい物語を作る前にちょっと肩の力を抜いて、そして日常のSF(すこしふしぎ)にも目を向けてみるとそれだけでもけっこう面白いものだ、というようなことなんだろう。こういうのも悪くは無いな。

|

« ここ数日で買ったもの | トップページ | 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12165603

この記事へのトラックバック一覧です: 『ジョン平とぼくと』読了:

» ジョン平とぼくと/大西科学 [ラノベ365日]
ジョン平とぼくと大西科学 銀八 ソフトバンク クリエイティブ 2006-09-13by G-Tools 【魔法の苦手な高校生・北見重が、それでもなんとかやりすごしていた日々は、新しい教師が赴任してきたのをきっかけに大きく動き始める。のんびりゆるゆる、ハートウォーミング・ファンタ..... [続きを読む]

受信: 2006.10.12 20:39

« ここ数日で買ったもの | トップページ | 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど »