« 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど | トップページ | 『ヤクザガール・ミサイルハート』読了 »

2006.10.08

『暗闇にヤギを探して』読了

484011711x01
暗闇にヤギを探して』(穂史賀雅也/MF文庫J)読了。

これ凄い面白い。というか度肝を抜かれた。ここまで僕好みのお話を書く作家がデビューしていたなんて…。
 
「ごめんなさい、おいしかったです」

そんな不思議な手紙が机の中に入っていると言う冒頭からして魅力的なのだが、その手紙を受け取った主人公、草加合人の対応も良い。わけの分からない手紙を前にしても、投げ出すことなく真面目に、そして真剣に考えて精一杯の返事を書く。どこまでも真剣に。決して笑い飛ばすことも無く。常識という思考停止に陥ることも無く。
この主人公は、けっして相手を「無視」しない。こんなわけの分からない手紙を読んでも、「外れてしまった」相手にだって真剣に相手をしてくれる。そういう誠実さがこの作品の、とぼけてはいるが奇妙な真面目さを内包した雰囲気を形作っているように思う。

すべてに対して真剣に考え、向き合う誠実な主人公の周囲には、やはり奇妙な少女たちが集っている。一般的な意味では「変人」と位置づけられる彼女たちは、そんな彼女たちを笑わずに向き合ってくれる主人公にどうしようもなく引き寄せられるように出会うのだが、彼女たちとの交流の仕方も素晴らしい。そこには決して都合の良いだけのものではない、コミュニケートするための恐れや期待を見事に描いている。

メインヒロインである千早千歳は、とある理由により「食事」が出来ない存在。物語が進むにつれ、彼女の食事が出来ない理由も明らかになってくるのだが、その理由というのは彼女の伯父が言うように父親のせいなどではありえない。原因と結果は逆で、彼女は人間の持つ悪意や身勝手さ、人間らしい感情の流れの無さに対して過敏であり、それゆえに食事が出来ないでいるのだ。だから彼女の父親は世界の悪意から彼女から守り続けたのだ。

その父親も死に、悪意の世界に一人取り残された彼女は、合人と出会うことで初めて正面から”向き合い”、”対話”する。それは決してロマンティックなだけの行為ではなく、彼女の他人には見せたくない暗がりの部分をさらけ出していく。そのことに傷つくことは当然で、しかしそれこそが対話するということでもある。都合の良いだけの関係はありえない。自分の嫌な部分、駄目な部分。それすらもひっくるめて会話している二人の姿は非常に良いものだと思った。

また、もう一人のヒロインである世田谷風子の存在も気にかかる。彼女の着ぐるみはおそらく自らを一匹の獣とみなすと言う意義、すなわち人間から外れた存在への憧れ、あるいは志向であるのだろう(あるいは自分自身が外れた存在であるという訴えか?それは誰への?)。それは鎧か主張なのか。合人は彼女にどのように向き合っていくのだろうか。ともあれ非常に先が楽しみな作家である。

ああ面白かった。

|

« 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど | トップページ | 『ヤクザガール・ミサイルハート』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12202223

この記事へのトラックバック一覧です: 『暗闇にヤギを探して』読了:

» 暗闇にヤギを探して(穂史賀雅也) [F.Y.A.E./review ver.]
発売日にはスルーしていたのですが、ブログ「積読を重ねる日々」吉兆さんのこのエントリを読んで購入を決定。もちろん好みが全部合うわけではないのですが、吉兆さんの切り口とか眼... [続きを読む]

受信: 2006.10.25 12:34

« 誰かに助けを求めることは悪いことじゃない、とはよく言うけれど | トップページ | 『ヤクザガール・ミサイルハート』読了 »