« 『トキオカシ』読了 | トップページ | 『<骨牌使い>の鏡Ⅲ』読了 »

2006.10.21

『戦鬼-イクサオニ-』読了

482911865201
戦鬼-イクサオニ-』(川口士/富士見ファンタジア文庫)読了。

これは言ってはならんのかもしれないが…何が面白いんだ?これ?(ああ言っちゃった)

もちろんこれがデビュー作であるわけだし、これだけで作家としてのすべてを判断するわけには行かないけれども、僕にとっては面白さがよくわからない作品だったな。たぶん現代語と古語が入り混じる文章に不徹底なものを感じてしまったのが原因の一つだと思う。あと、これを伝奇小説として読み始めてしまったのも失敗だった。これは日本の御伽噺のパロディと言うべき作品で、あの超有名なおはなしをあれやこれやとぶち込んでしまった奇想小説として読むべきだったんだろうなあ。エンターテインメントとして読むと言葉の拙さが目立ってしまう…。とはいえ物語の半ばで桃生の正体に検討がついた時のバカバカしさを伴った衝撃はけっこうなものだったけど。いや、この作品の設定とアイディアはやっちまったもん勝ちだよなあ。

|

« 『トキオカシ』読了 | トップページ | 『<骨牌使い>の鏡Ⅲ』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12216902

この記事へのトラックバック一覧です: 『戦鬼-イクサオニ-』読了:

» 戦鬼―イクサオニ―/川口士 [ラノベ365日]
戦鬼 ―イクサオニ―川口 士 富士見書房 2006-09-20by G-Tools 【鬼と人間が共存していた村。そこを突如人間たちが襲う。そして鬼の少年・温羅は捕らえられ、彼の父の首は都に晒される。復讐に心を燃やす少年・温羅と人間の少女の旅の物語。】 不快!不毛!不細工! 父の..... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 00:56

» 戦鬼 ―イクサオニ― [ライトノベルっていいね]
戦鬼 ―イクサオニ― 著者 川口士 イラスト 一之瀬綾子 レーベル 富士見ファンタジア文庫  久しぶりにファンタジア小説大賞作に満足。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリックあ... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 19:30

« 『トキオカシ』読了 | トップページ | 『<骨牌使い>の鏡Ⅲ』読了 »