« 目に付いた瞬間に「買おう」とかそういう思考を行う暇も無く手に取っていた | トップページ | ぎゃー何で生まれてきやがったー »

2006.10.28

『蛇にピアス』読了

023981370000
蛇にピアス』(金原ひとみ/集英社文庫)読了。

刺激的で挑発的だけど、端整で瑞々しい。そんな矛盾した印象を受けた。文章も美しく、非常に技巧的な作家だと思う。全然若書きという感じがしないのは一つの驚異ですらある。

人体改造に魅せられ、自らにも改造を施していく主人公の動機は、いわゆる変身願望の延長線上にある欲求から来ているものなのだろう。ただ、現在の自分からの逃避(だけ)ではなく、もう少し積極的な意味合いがあるようで、新しい自分になろうと言う意思があるように思える。しかし、そもそものところで主人公の彼女が現在の自分に対してどのように思っているのかがはっきりしなくて、彼女がピアスをつけていく行為そのものから推察するしかないのだが、だからこそ主人公の感情の揺れ動きが克明に表われているように思えるところが良かった。さらに言えば二人の男の間で自在に行ったり来たりすることも、異なる世界を越境したいと言う欲望を表しているように感じる。だが、結局のところ、この作品は、異なる世界、異なる自分と言うものを志向しながらも、結局は自分と言う殻を破ることは出来ず、自分と言う釈迦の手のひらに生きるしかないところに落ち着いていて、その意味では非常に健全な話であると思った。

|

« 目に付いた瞬間に「買おう」とかそういう思考を行う暇も無く手に取っていた | トップページ | ぎゃー何で生まれてきやがったー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12216993

この記事へのトラックバック一覧です: 『蛇にピアス』読了:

« 目に付いた瞬間に「買おう」とかそういう思考を行う暇も無く手に取っていた | トップページ | ぎゃー何で生まれてきやがったー »