« 『ジャストボイルド・オ’クロック』読了 | トップページ | ライトノベルレーベルにもいろいろある »

2006.10.01

『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』読了

404449911x01
彩雲国物語 紅梅は夜に香る』(雪乃紗衣/角川ビーンズ文庫)読了。

仕切り直しの回らしく、嵐の前の静けさ、あるいはネタふりあるいは伏線中心になっている。まあいろいろエンターテインメントとしてもドタバタやっているけど、今回の話の肝と言うか重要どころは「がんばれ」と言う言葉の安直さ、押しつけがましさとそれに対して抗しようとする秀麗のあがきみたいなところのように思えた。また、レッテルを貼られ、規定されることへの嫌悪みたいなものが表われているのが面白い。秀麗自身が社会的弱者として位置づけられているせいか、逆に弱さに対して比較的寛容であるのも、偏見かもしれないが女性作家としては珍しくも感じた。まあちょっと分かり易すぎるのだけどね。

有形無形の困難に立ち向かうヒロインの周囲にいろいろ美形男が登場してちやほやするという、まあ女性向け願望充足ファンタジーっぽくはあるんだけど、このようにエンタメ以外のところで興味深いところがあるので、なかなか侮れない作品であると常々思う。面白かった。

テーマが現代的過ぎるのは、まあ良し悪しか。

|

« 『ジャストボイルド・オ’クロック』読了 | トップページ | ライトノベルレーベルにもいろいろある »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/12109372

この記事へのトラックバック一覧です: 『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』読了:

« 『ジャストボイルド・オ’クロック』読了 | トップページ | ライトノベルレーベルにもいろいろある »