« 『啓示空間』読了 | トップページ | 意識の限界 »

2006.09.03

『ダークエルフの口づけ』読了

482911850401
ダークエルフの口づけ』(川人忠明/富士見ファンタジア文庫)読了。

僕はもともとソードワールドの中ではダークエルフが好きで、プレイヤーキャラクターに出来ないかなあと思っていたのだけど、いつの間にかダークエルフをプレイできるルールが追加されていたと言う事実には時の流れを感じさせられた。

内容はダークエルフが主人公であることからも必然的に分かるように、ピカレスク小説に分類されるものになっている。悪党が更なる外道、悪党を処刑していく作品は、ある種の王道であり安心して読める。ただ、富士見ファンタジア文庫の常としてストーリーがシンプルで短いきらいはあるけれども、この手の作品の入門編としては悪くない。ほのかに感じられる恋愛要素も、さほど過剰にはならず抑え目であったのもバランスがよく、好感が持てた。ただ主人公のベラを一心に慕うアマデオはちょっと情けなさ過ぎるので、次回以降はもうちょっとがんばって欲しいところだ。
それはそれとして椎名優の絵は相変わらず清潔感があって好ましい。絵に惹かれるようになったとは、僕も丸くなったもんだぜ、とソードワールドノベルズを買い漁っていたあの頃を懐かしむのであった。

しかし、学生時代を懐かしむキーワードがソードワールドノベルズってのはどうなのよ俺。

|

« 『啓示空間』読了 | トップページ | 意識の限界 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11739188

この記事へのトラックバック一覧です: 『ダークエルフの口づけ』読了:

« 『啓示空間』読了 | トップページ | 意識の限界 »