« 『ひと夏の経験値』読了 | トップページ | なにかが足りない。そう思ってしまうのは我儘なのだろうか »

2006.09.18

『イチゴ色禁区 (1)夏の鳥居のむこうがわ』読了

404472501201
イチゴ色禁区(1) 夏の鳥居のむこうがわ』(神崎リン/角川スニーカー文庫)読了。

デビュー作であるということを考慮すれば十分に面白い作品であると言える。ただ、正直なところ主人公の饒舌体で語りつくされるタイプの作品は、ライトノベルとしては西尾維新一作で行き着くところまで言ってしまっているので、同じ分野で勝負するのはいささか苦しいと言わざるを得ない。何をやっても二番煎じになってしまうところとか(平坂読などもフォロワーの一人だけど、あちらは徹底的に”やりすぎ”ることによってある種の独自性を獲得しつつあると思う)。

饒舌な主人公の一人称が、本当に饒舌なだけで鬱陶しく感じられてしまったのは残念なところだ。物語についても、序盤部分のだらだらが、世界観の不透明さとあいまってなかなかにじれったくもあった。全体的に物語の引き伸ばしが多くて、はたしてこの長さを支えるだけの内容があったのか、やや疑問が残った。

しかし、主人公とヒロイン(幼女)の関係は、いわゆる恋愛感情のようなものとは異なり、家族愛のようなお互いを無私で支えあうような関係がほほえましくて良い。たぶん、作者的にはここが重要なところなんだろうし、その意味では十分に物語を描けたといえなくも無いのかな。

まあ次回に期待出来そうな作家だと思う。

|

« 『ひと夏の経験値』読了 | トップページ | なにかが足りない。そう思ってしまうのは我儘なのだろうか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11945593

この記事へのトラックバック一覧です: 『イチゴ色禁区 (1)夏の鳥居のむこうがわ』読了:

» イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ/神崎リン [ラノベ365日]
イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ神崎 リン 角川書店 2006-08-31by G-Tools 【妄想男子正樹と、スネデレの亜美は年の差コンビとして退魔仕事をしている。2人はいつものように派遣先の神社に赴くが、そこには壮大な陰謀の序曲が待ち受けていた! 】 「変なことするのは..... [続きを読む]

受信: 2006.09.21 02:05

» イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ [ライトノベルっていいね]
イチゴ色禁区 1.夏の鳥居のむこうがわ 著者 神崎リン イラスト 文倉十 レーベル 角川スニーカー文庫  スネデレですか? 定着するといいね。  人気blogランキングへ ← よろしくお願いします。  クリ... [続きを読む]

受信: 2006.09.26 19:40

« 『ひと夏の経験値』読了 | トップページ | なにかが足りない。そう思ってしまうのは我儘なのだろうか »