« 絶賛体調不良中・・・って良い時ってあったっけ? | トップページ | 『緋華 sparkling!』読了 »

2006.08.05

『アラビアの夜の種族』読了

404363603201404363604001404363605901

 
 
 
 
 
  
アラビアの夜の種族Ⅰ』(古川日出男/角川書店)読了。

もう何度読んだのだか自分でも定かではないのだが、文庫化を記念して改めて読んだ。ははは、もうありえないくらいに面白いと言うか一度読んだらやめられんぜまったく。

なにが面白いのかと言い出すと、すべてが、とか言い出す自分の信者ぶりがあらわになるだけなので、感想についてはほどほどにしておく。とりあえず、久しぶりに読んで気がついたことがいくつかあったのだけど、この話は「究極の物語とは何か?」と言うテーマを突き詰めた実験小説ともよめるのだなあ、と言うところが興味深かった。イスマイール・ベイを耽溺させ、破滅させた”災いの書”ってのは、要するに涼宮ハルヒの憂鬱(アニメ版)でやってたアレだよな。「究極の物語」とはそれ単体で成立するのではなく読み手がそれを”読解する”行為が必要不可欠なんだなあ、って話。そうして物語は受け継がれ、咀嚼され、拡散し、不死を獲得すると言うわけだ。あーなるほどなあ。

まあなんと言うか、無人島に一冊(一作品)しか持っていけないとしたら迷わずこの作品を持っていくね僕は。マジで。

|

« 絶賛体調不良中・・・って良い時ってあったっけ? | トップページ | 『緋華 sparkling!』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11735070

この記事へのトラックバック一覧です: 『アラビアの夜の種族』読了:

« 絶賛体調不良中・・・って良い時ってあったっけ? | トップページ | 『緋華 sparkling!』読了 »