« 自らの頭の悪さに絶望する日々 | トップページ | 『川の名前』読了 »

2006.08.16

本を選択する基準

皆さんの本の選び方を知りたいな」(ウパ日記より)に回答する。こう見えて、僕はけっこう自己顕示欲が旺盛であるのだ。精神的露出狂とも言う。

1.月に何冊読んでいるか

大体30冊前後。漫画を含めると、たぶん50~60冊ぐらいになると思う。

2.どんな本を読んでいるか

読んでいる冊数で言えばライトノベルが多い(理由:楽だから)。
しかし、読書にかけている時間で言えば、SF、ミステリー、ファンタジー、ホラーも同じくらい。
一番労力を注いでいるのは、現時点ではSF、ついでファンタジー。ミステリーとホラーは気が向いた時に。

エンターテインメント中心だが、突発的に教養書と専門書を購入するケースもある。何気に哲学系と歴史系が好き。もっともさして詳しいわけでもない。下手の横好きである。

好みのキーワードは、「健全な成長物語」、「鬱屈した泥沼の青春」、「宇宙的スケール」、「屁理屈のこね回し」、「ドログチョのスプラッタ」、「幻想の侵食」、「固ゆでタマゴ」、「悪夢」、「ノンストップハイスピードアクション」、「メタフィクション」など。

3.どうやって選ぶか

基本的には本屋で新刊をざっと眺めて面白そうな勘が働いたものを手にとって、あらすじを見て、冒頭の数行を読み、面白かったら購入。表紙やタイトルだけで面白そうな直感が働くこともあるが、ごくまれなこと。
さらにWebで他人の感想をあさって、取りこぼしがないかどうかを調べる。古い名作などはそのあたりで情報を仕入れることが多い。

4.本の選び方に何かこだわりはあるか

特になし。本の状態、厚み、イラストの有無、金額などは本を選ぶ基準にはならない。基本的に文字が書いてあって、読める状態であれば文句はない。
なお、厚ければ厚いほど喜ぶ傾向があり。

5.ブログで感想を公開している場合、感想を書くときに心がけていることはあるか

作品を「貶さない」と言うのが基本的なスタンス。欠点と言うのは、読み方を変えれば長所であることが多く、それを欠点と感じてしまうのは読み手の問題だと思うので。ただ、それでもどうしても読めない本が出てくることがあって、怒りをぶちまけてしまうことがある。まだまだ修行が足りません。ただ、貶すときも、なぜそのように感じたのかをなるべく具体的に書くようにしている。あとネタバレは基本的にはしません。
また、僕の感想は、本を読みながら自分が何を考えたのかが中心なので、厳密な意味では感想ではないような気がする。

1.書名と、読み終えるまでに要した時間(作品名/時間)

数えたこともない。なのであくまでも推測。

一般的な文庫(非ライトノベル)/1時間~2時間
ライトノベル/40分~1時間
漫画/20分~30分
 
 
以上。

|

« 自らの頭の悪さに絶望する日々 | トップページ | 『川の名前』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11470341

この記事へのトラックバック一覧です: 本を選択する基準:

« 自らの頭の悪さに絶望する日々 | トップページ | 『川の名前』読了 »