« 子安がいればいい(誤解を招く表現) | トップページ | 『煌夜祭』読了 »

2006.08.12

月日は瞬く間に過ぎ行く

昔は夢中になってやっていたことが、今ではすっかり熱が冷めてしまうと言うことは良くあるわけです。どんなに楽しかったことでも、ある瞬間から何が面白かったすらわからなくなってしまう。やりきれない話ですが、これは仕方のないことなのでしょうね…。

なんの話かと言うとコミケの話なんですが(って、ちょ、おまえ)。

まあ要するに二次創作を”読む”と言う行為に飽きてきたと言うわけですな。もともと僕はキャラに感情移入するタイプではないので、キャラを弄り回すことで生じる楽しさというのを本当には理解できないんだろーな。

今日買ったものでーす。

1.『かんなぎ(1)』 武梨えり 一迅社

割と、と言うかかなり面白い。どうもこの作者は女性キャラクターの腰から足にかけてのラインに過剰の思い入れがあるらしく、スカートのなびかせ方から生じる健康的なエロスには一見の価値があると思う…ってお前はそういうところしか見ていないのかっ!はい、そうです!
まあ戯言はともかくとしても、主人公があまりにも正しい男の子していて非常に気持ちが良いですね(ちょっと理想化されすぎているきらいもあるが・・・)。ボーイミーツガール伝奇日常系(今考えた)としても結構面白くなりそうな気がします。

2.『彼女はたぶん魔法をつかう』 樋口有介 創元推理文庫

これはタイトルの素晴らしさ「だけ」に惹かれて買いました。紛れもない「タイトル買い」です。どうもありがとうございました。だって”たぶん”魔法を使うんだぜ?

|

« 子安がいればいい(誤解を招く表現) | トップページ | 『煌夜祭』読了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/29313/11389464

この記事へのトラックバック一覧です: 月日は瞬く間に過ぎ行く:

« 子安がいればいい(誤解を招く表現) | トップページ | 『煌夜祭』読了 »